肌の一発逆転を狙って評判の美容液に変えてみたのに、自分には合わなかったという声。もしかすると、そもそもの肌の土台が弱っているのかも。私たちの肌のコンディションを左右するのは、表皮や角層といった部分がメイン。ココの材料が不足すると肌はやせて脆弱になり、触れるとガサガサ、ザラザラに。よかれと思って投資した高機能美容液が逆に刺激として感知され、トラブルの原因になるケースも。FRaU世代はとくに陥りがちなこの悩みには、まず肌状態をリセットする“クリーム・ファスティング”が効果的!

クリーム・ファスティングと一緒に取り組むといいコツを覚えたら、ファスティング後、二度とゆらがせないために先回りしてストレスケアを。
  

お話を伺ったのは……
皮膚科専門医/津田クリニック 副院長 
津田攝子先生
佐賀県の美容皮膚科クリニックにて臨床医として活躍。長年のノウハウを詰め込んだドクターズコスメ「TSUDA SETSUKO」の開発も手掛ける。
 
花王 スキンケア研究所 主任研究員 
稲葉さやかさん
化粧品に配合する様々な美容成分の研究や開発を担当し、この秋、生まれ変わったエストのスキンケアの開発にも携わる。ケア事情にも精通。

 
◆クリーム・ファスティングのコツは
 こちらをチェック!

 

土台から害虫を追い出しておく
トラブル以前のトラブル除去

「仕事とプライベートの両立で忙しく、睡眠不足に陥って栄養バランスも乱れがち。環境汚染も深刻で、さらに生理周期によるホルモンバランスのアップダウンも。現代女性はストレスを感じていなくても気づかないうちに蓄積しているもの。バリア機能が低下すると同時に肌の材料が不足し、“肌やせ”しています」(津田先生)

AQ オイル インフュージョン40ml ¥10000/コスメデコルテ(9/16発売)

サラッと軽いオイルはリラックスを与えて肌調子をよく。
 

ジェニフィック アドバンスト デュアルコンセントレート 20ml ¥10000

1ヵ月全方位から揺らぎをケアする集中美容液。
 

エミングクリーム 26g ¥12000/THREE(9/13発売)

女性特有のホルモンバランスを鑑みて誕生。アロマが心地よく広がり、柔肌に。

 

炎症は老化を加速させる!

「乾燥はエイジングの始まり。肌のターンオーバーが乱れて毛穴が開き、小じわができます」(稲葉さん)

「土台が荒れてバリア機能が落ちた肌は、ちょっとした刺激でも炎症が起こりやすく、この炎症こそ、メラニンの過剰生成やコラーゲンの分解を促し、シミやたるみの原因に」(津田先生)
 

加齢による炎症を鎮めて老け予防。ブライトエイジ リフトホワイト パーフェクション(医薬部外品)40g ¥8000/アイム(10/1発売)

 
●情報は、FRaU2017年9月号発売時点のものです。
Photo:Kenichi Yoshida Text:Hiromi Narasaki

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.