肌の一発逆転を狙って評判の美容液に変えてみたのに、自分には合わなかったという声。もしかすると、そもそもの肌の土台が弱っているのかも。私たちの肌のコンディションを左右するのは、表皮や角層といった部分がメイン。ココの材料が不足すると肌はやせて脆弱になり、触れるとガサガサ、ザラザラに。よかれと思って投資した高機能美容液が逆に刺激として感知され、トラブルの原因になるケースも。FRaU世代はとくに陥りがちなこの悩み、対策が急務!
 

お話を伺ったのは……
皮膚科専門医/津田クリニック 副院長 
津田攝子先生
佐賀県の美容皮膚科クリニックにて臨床医として活躍。長年のノウハウを詰め込んだドクターズコスメ「TSUDA SETSUKO」の開発も手掛ける。
 
花王 スキンケア研究所 主任研究員 
稲葉さやかさん
化粧品に配合する様々な美容成分の研究や開発を担当し、この秋、生まれ変わったエストのスキンケアの開発にも携わる。ケア事情にも精通。

 

土台を肥やす自然サイクルづくり
保湿力をあげる

ルーティンのケアをするうえで心がけたいのが、成分の通り道の確保。

「有効な美白成分やエイジングケア成分を与えても、肌の内部へ導く道を水分によってつくっておかないと役割を発揮できません。また、肌の透明感は、油分よりも主に水分でつくられるので、その点でも水分は不可欠。化粧水を肌にたっぷり与えたうえで、さらにそれを保つ “貯水力” を養う必要があります。肌になじませるとき、まだらになりがちなので鏡を見ながらまんべんなくつけることも大切」(稲葉さん)

さらに肌の土台=表層部分の生まれ変わりを健やかにする美容液でサポートすれば、万全!
 

ダブル セーラム EX 30ml ¥11000/クラランス(9/14発売)

水と油をベストバランスでブレンドし、イキイキとした肌を根本から育む。
 

クレ・ド・ポー ボーテ ル・セラム n(医薬部外品)40ml ¥25000/資生堂インターナショナル(9/21発売)

肌の生まれ変わりを促進。
 

ザローション 140ml ¥6000/エスト(9/9発売)

砂漠の塩湖でもみずからの水分を逃さないエクトインを新配合。たっぷり貯水できる肌に。

 

話題成分・ペプチドも肌の材料!

肌の土台のさらに下にある真皮。土台も真皮も、ともに健やかに育まれることが美肌の条件。そこで注目が、真皮の材料のひとつ、ペプチド。今季は、ハリや弾力づくりに有効なペプチドを配合したスキンケアが充実しているので、“肌やせ” やハリの低下が気になる人はこちらもチェック!
 

3種のペプチドでハリケア。フランキンセンスインテンス コンセントレイト 30ml ¥14000/ニールズヤード レメディーズ(9/13発売)

 
▼こちらの記事もチェック!

 
●情報は、FRaU2017年9月号発売時点のものです。
Photo:Kenichi Yoshida Text:Hiromi Narasaki

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.