白いレースのドレスを纏い、ゆったりと笑顔でインタビューに答える姿は、思わず見惚れてしまう。元来の美しさに加え、大人の女性としての柔らかさまでをも醸し出す佐々木希さんだが、そんな彼女がこの秋挑む役柄は、“セックス依存症の新妻”。そして、脚本はアノ野島伸司。胸が騒ぐスキャンダラスな組み合わせ。その誕生秘話とは……?

 

大きなチャレンジだけど、野島作品
だからこそ演じてみたいと思いました  

画像: ワンピース¥75000/コート(IZA) ゴールドピアス 左右 各¥50000/エナソルーナ(Enasoluna 神宮前本店)

ワンピース¥75000/コート(IZA) ゴールドピアス 左右 各¥50000/エナソルーナ(Enasoluna 神宮前本店)

夫を愛しながらも、別の男性と肉体関係を持ってしまう性嗜好障害の妻。自身が演じるその役を、佐々木さんは「すごく愛おしい」と表現する。

「私が演じる彩(あや)は、子供のように泣いたり怒ったり、コロコロ感情が変わるんです。どこか儚くて憎めない。そんな彼女に愛おしさすら感じていて、自分でも驚いています。そして何より、野島さんから声をかけていただけたことがうれしかった。女優として大きなチャレンジだけど、がんばってみようかなって思いました」

 
今回の脚本は、野島さんが「本当に描きたいドラマをつくりたい」と、3年構想を練ったものだという。

「野島さんからは、“希ちゃんのまま、そのまま演じて” と言われました。不思議ですよね。実は作品が決まる前に野島さんとお会いする機会があったのですが、そのときは錚々たる方々がいらっしゃるとっても緊張感のある場で。そこではじめて野島さんにお会いした瞬間、“ハッ……。野島さんって、こういう方なんだ! 実在するんだ!(笑)” と固まっちゃいました。どうやら私、挙動不審だったみたいです(笑)」

 
そんな挙動不審な(!?)佐々木さんの姿を見た野島さんが、すぐにプロデューサーへ「彩がいた」と連絡を入れた。

「今思えば、(その挙動不審さが)恥ずかしい! でもこの役に巡り合えたから、“どうしよう、どうしよう” となったことが逆に良かったのかもしれません(笑)。

私、野島さんの作品大好きなんです。中でも一番印象的なのは、『高校教師』。先生と生徒の恋という題材は衝撃的でしたが、すごく愛おしく思えたんです。2人のやり取りが可愛らしいというか。題材はズッシリくる話だけれど、2人ともとてもピュア。それは今回の作品にも通じていて、一見相反しているけど、セックス依存症という障害はあるけれど2人の愛はとてもピュア。色々葛藤しながら乗り越えていく2人の絆は、太い糸でしっかり結ばれているんだなと感じました。どうしても人間って見返りを求めたくなっちゃうところがありますよね。でもこの夫婦にはそういうことがなくて、本当に純粋に愛し合ってるんです」

 

心の底から続きが読みたいと
思うほど台本がおもしろい!

画像: 心の底から続きが読みたいと 思うほど台本がおもしろい!

「撮影がはじまる前、本読みの場で野島さんに再会したのですが、そのときなぜか部屋の端の方に逃げていかれて。自分が書いた脚本を目の前で読まれると、頭の中を覗かれているようで恥ずかしいそうです。本来ならこちらが緊張感を持ってしまう場なのに、意外ですよね(笑)。遠くから視線を感じて、なんだか私まで恥ずかしくなっちゃいました。そして、ほんとうに脚本がおもしろいんです! 読んでいる最中から次の台本が読みたい! 早く次を見なきゃ! と、感情が抑えきれなくなるくらいでした。」

玉山さん(玉山鉄二)との夫婦のシーンでは「愛情に包まれている気分」になり、またあるときは「なぜだかわからないけど、勝手に涙がでてきてしまう」こともある。しかし、そんなアップダウンのある役柄について話す姿はとても穏やか。「これだけは譲れない!と依存しているもの」を聞かれれば、うれしそうに「地元の食べ物とお酒♥」と答え、いぶりがっこやギバサ(ネバネバの海藻)の魅力を満面の笑みで語る。感情的になる姿が全くも想像できない。

「本当ですか? そうですね、普段はホワッとしているかも。夫役の玉山さんには、“自然体だね。こんなに明るい子だと思わなかった” と言われました。なので、私には二面性があまりないのかも?」とニコリ。強いて二面性をあげるとすれば、意外にもドロドロな恋愛ものが好きなところ!?

「個人的にズッシリ、ドロドロした恋愛ものが大好き(笑)。見ちゃいけないものを見るのが好きなのかな? 何でしょうね、この心理って。でも今の時代、なかなか難しいのかなとも感じていて。『高校教師』も、もし今放送するとしたらハードルが高いのかもしれない。野島さんやスタッフさんの熱い思いが詰まったドラマを、こうやってご覧頂ける場所ができて、本当に良かったです。」

 

PROFILE 

佐々木希 Nozomi Sasaki
1988年 2月8日生まれ。秋田県出身。2006年芸能界デビュー。2008年映画『ハンサム★スーツ』にて映画初出演。以降、ドラマ映画への出演が途絶えない。その他雑誌やCMなど幅広く活躍し、昨年発売された写真集『かくしごと』(講談社)も話題に。2018年には映画『伊藤くん A to E』の公開を控える。

 

INFORMATION

画像: INFORMATION

Huluオリジナル連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』
立木信夫(玉山鉄二)と結婚したばかりの彩(佐々木希)は、夫を愛しているにもかかわらず、別の男性と肉体関係を持ってしまう “セックス依存症”。この事実を知ってもなお夫婦は愛し合っていけるのか。野島伸司が描く悲劇的純愛ドラマ。9月16日配信スタート 毎週土曜配信 全8話

 
●情報は、FRaU2017年10月号発売時点のものです。
Photo:Mai Kise Interview&Text:Noriko Yoshii Stylist:Chizuru Komatsu Hair&Makeup:Riho Takahashi(Three Peace)

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.