ここまで話を聞いてみて、わかる。『永い言い訳』で、あんなにかっこいいはずの本木さんが、情けなくてかわいそうな人に見えた理由が。自身を投影させたという幸夫に、西川さんのむき出しの葛藤が託されていたからだ。

FRaU 2016年11月号掲載インタビュー、ラスト第三弾公開。

 
▼最初から読む!

 

自己完結しているなんて
全然素敵なことじゃない

画像1: ©2016「永い言い訳」製作委員会

©2016「永い言い訳」製作委員会

映画の中で、その美形の表現者は、妻を失うことによって、元々あった自分の空洞に気づかされる。妻を失ったから、心に穴が空いたのではない。結婚という契約を隠れ蓑にして、妻と深く関わっていない自分をずっと見て見ぬ振りをしていた。自己ではなく他者を深く思いやるという感情が欠落していた主人公は、母を失って心に穴の空いた子供たちと、その父親と格闘することで、人を深く愛するという感情を取り戻していくのだ。

「本木さんは、表面的な綺麗な世界からは想像できない内面を孕んでいるところに、幸夫とすごく近い部分がありました。本来は、人間の愛すべき弱さをたっぷり持っているのに、完璧に見えるせいで、そのナイーブな内面がなかなか周囲に理解されない。

小説を書き上げたとき、今回は役に近いキャラクターの方に演じてほしいと思いました。もちろん、どんな役でも本人らしさはどうしても出てきますけれど、それ以上に、もっと内面の葛藤みたいなものがリンクしているほうが重要だった。一緒に悩んで、本人の出したことのない内面性のようなものが出ると、その俳優にとっても私にとっても新しいものになると思ったので。本木さんの内面が、幸夫と似ていたのはとても儲けものでした(笑)」

 
いつか本木さんと仕事をしてみたい。西川さんは前からずっとそう思っていた。でも、役の雰囲気や年齢、キャラクターと合わず、断念してきた。

「今回は、たまたま是枝監督が、樹木希林さんや本木さんの娘さんの伽羅さんとお仕事されたことがあって、本木さんとも一緒にご飯を食べたことがあるらしく、台本を読んで、『今回こそ本木さんじゃない? すっごく似てるよ、幸夫に』って言ってくださったんです。

台本からは、ちょっと嫌な奴ともとられかねないキャラクターだったので、『面倒な人なんですか?』って聞いてみたら、『それが、なんとも説明がつかないんだけど、とにかくチャーミングなんだよね』って」

 

This article is a sponsored article by
''.