ファンの人も多いのでは? ファッションディレクターとして活躍する濱中鮎子さんの愛猫・チャイくん。濱中さんのインスタグラム(instgram @ayukohamanaka)に登場するその存在感たっぷりの愛くるしすぎる姿に、悶絶する人続出。雑誌の表紙デビュー(!?)も果たしたアイドル猫なんです。

取材陣が濱中さんのご自宅を訪れた際も、慌てず動じず出迎えてくれました。カメラマンが思わずシャッターを連打したことでできた本誌の番外編・チャイくんミニ写真集をご覧ください。

 

おっとりとした性格の男の子です

来客にも慣れっこの、落ち着いた表情

チャイくんが濱中さんに出会ったのは、2015年2月のこと。里親を募集していたチャイくんに一目惚れした濱中さんは、一緒に暮らすことを決意します。

 

家具も傷つけない良い子です

「本当に猫なの?」と疑いたくなるほど

画像1: 「本当に猫なの?」と疑いたくなるほど

猫がいる家庭って、なかなか大変です。どうしても爪研ぎしちゃったりして、壁がぼろぼろになってしまっているおうちも少なくないですよね。その点、チャイくんは、壁で爪研ぎもせず、トイレもきちんと覚えている優等生なんです。
 

画像2: 「本当に猫なの?」と疑いたくなるほど

唯一、爪研ぎしてしまったのはこのお気に入りのソファ。それも、はじめ布張りだったものを、革に張り替えたところ、爪研ぎもしなくなったとか。

 

部屋に見え隠れする猫アイテムたち

インテリアとしても素敵なものばかり

お部屋を取材していて思わず目に止まった、猫グッズの数々。濱中さんのおうちには、旦那様の趣味だというフォークアートが飾られているのですが、その間にちらりと猫グッズ。フォークアートと並べておいてあることで、部屋の雰囲気から浮くことなく馴染んでいて、チャーミングなアクセントに。
 

画像: インテリアとしても素敵なものばかり

チャイくんのお食事ゾーンも、おしゃれです。

 

居心地良い場所を見つけるのが上手

暑い日のお気に入りは玄関のはじっこ

画像1: 暑い日のお気に入りは玄関のはじっこ

夏のお気に入りは、玄関のコンクリート打ちっ放しの床の上。ひんやりするのでしょうか。ここによく寝っ転がっているので、お掃除もやる気が出るのだとか。リビングルームと玄関に遮る壁のない濱中さんのおうちですが、チャイくんが飛び出して行ってしまうようなこともないのだとか。
 

画像2: 暑い日のお気に入りは玄関のはじっこ

「抱っこはあんまり好きじゃないみたいなんですけれど」と言われながらも、おとなしく抱っこされるチャイくん。人前ではツンツンしていても、ふとしたときにすごく甘えん坊なんだとか。濱中さんがメロメロなわけ、よくわかりました。
 

 
取材前から会うのが楽しみだったチャイくん。本物は、思った以上に大きく(7キロ)、ふわふわで、堂々としていて、見ているだけで穏やかな気持ちに。リノベーションされた素敵なお部屋で暮らすチャイくんと濱中さんの蜜月な関係が、うらやましく感じた取材となりました。

 
Photo:Takehiro Goto Text:Rio Hirai

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.