数年まえから続く空前の肉ブーム。海外から上陸するステーキハウスなど、次々と肉料理を看板に掲げたレストランが増えている。

肉の産地やブランドのセレクトに加え、どう調理やアレンジをするかが料理人の腕の見せどころだ。
そんな肉料理に特化した和と洋の極上店をご紹介。せっかく訪れるなら、そこでしか味わえない逸品をご堪能あれ!

 

遊び心感じる和の肉料理の数々と
温度帯にこだわる日本酒が寄り添う

肉料理それがし

画像: 「黒毛和牛ザブトンのしゃぶすき」(¥4000)と「自然郷 プレミアム山廃」(¥850)。

「黒毛和牛ザブトンのしゃぶすき」(¥4000)と「自然郷 プレミアム山廃」(¥850)。

目黒川沿いの2階に誕生した肉料理と日本酒をコンセプトにした一軒。和食の料理人ならではの感性を活かした肉料理が、メニューの7~8割を占める。A5ランクの黒毛和牛など良質な素材を主役にオリジナリティ光るメニューが印象的だ。

「黒毛和牛ザブトンのしゃぶすき」は、しゃぶしゃぶとすき焼きのイイトコドリをした逸品。美しく皿にのせられたザブトンに、甘辛いたれがよく絡む。二口サイズのご飯が付いてくるので、2枚目のお肉と一緒に味わうのも◎。
 

画像: 卵黄ダレをまとった「ローストビーフ」(¥1200)。

卵黄ダレをまとった「ローストビーフ」(¥1200)。

生ハムのような薄さにスライスされたローストビーフは、その口溶けのよさに驚く。メインディッシュではなく、前菜として味わえる軽やかさだ。
 

画像: 「黒毛和牛カイノミ 泡醤油と粒マスタード」(¥3400)。

「黒毛和牛カイノミ 泡醤油と粒マスタード」(¥3400)。

斬新なソースが肉を引き立てる「黒毛和牛カイノミ 泡醤油と粒マスタード」。赤身の旨みを堪能できるカイノミは、遠火でじっくりと時間をかけて火を入れている。
 

画像: 「担々麺」(¥1400)。

「担々麺」(¥1400)。

〆の「担々麺」も肉料料理に特化した店ならでは。まろやかなスープの中には、赤味噌や醤油などで煮詰めた黒毛和牛のそぼろが入っている。アラカルトのほか、おすすめ料理で構成されるコース(¥6800~)もぜひ。
 

画像: 低アルコールのにごり酒「英雄」(¥800)。

低アルコールのにごり酒「英雄」(¥800)。

肉との相性を考えて造られた日本酒「英雄」は、そのまま味わうほか、トニック割やお燗にするのもおすすめ。アルコール度数11度と低めで、飲み口が優しいため、日本酒が苦手な人にも飲みやすいと好評だ。
 

画像: カウンターで燗を仕立てる山本さん。

カウンターで燗を仕立てる山本さん。

飲まし手としてカウンターに立つのは、日本酒を熟知した山本貴文さん。「料理とお酒の温度を近づけることで、口の中でそれぞれの味わいが心地よく重なり合います」。料理との相性や味わいの好みを反映し、最適な日本酒を選んでくれるので、日本酒初心者でも安心だ。
 

画像: 肉料理それがし

肉料理それがし
東京都品川区西五反田1-4-8 秀和五反田駅前レジデンス202 
☎03-6420-3092
営業時間:17:00~25:00(LO24:00)
定休日:なし

 
Photo:Kazuhiro Fukumoto(MAETTICO) Composition:Yui Togawa

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.