バルコニーを付属スペースのように考えていた時代はもう終わり。今、バルコニーを部屋の延長のように楽しむ人が増えている。FRaUはこれを『インフィニティバルコニー』と命名! さぁ、お気に入りのグリーンやインテリアで飾って。
 

お話を伺ったのは……
スタイリスト
黒澤充さん
望月唯氏に師事し、2006年に独立。「BRUTUS」「&Premium」「GINZA」など数々のファッション誌や広告で活躍。ミュージシャンや俳優のスタイリング、またプロップを手がけることも。

 

その数80鉢以上。多肉植物が連なる
インフィニティバルコニー

画像: 室内に置かれたグリーンも観葉植物からエアプランツまで多彩。

室内に置かれたグリーンも観葉植物からエアプランツまで多彩。

スタイリストの黒澤充さんがこの部屋を選んだ理由は、日当たりがよく風通しのいいバルコニー、この一点だ。それは、8年前からハマっている多肉植物をよりよい環境で育てるため。最近のマンションは目隠しのために壁で覆っているので、あえてそうではない、囲い部分が柵になっている古い物件を探したのだとか。

「前の部屋もバルコニーが壁で覆われてたんですが、でもそうすると風がまわらずに植物が弱ってしまうんですよね。植物も生きてるから、手間をかければかけただけ育ってくれる。だから生き物としてちゃんと扱ってあげたくて」
 

画像: 前の家で使っていた板材を再利用し、鉢の下に敷いて床の段差を解消。鉢の下から出た水が板材にしみ込むので、そのまま置くより水はけもいいのだそう。またすべての鉢は土の表面にウッドチップをのせてあり、こうすることで見栄えが良くなるだけでなく、土が風で舞い散らないのだとか。

前の家で使っていた板材を再利用し、鉢の下に敷いて床の段差を解消。鉢の下から出た水が板材にしみ込むので、そのまま置くより水はけもいいのだそう。またすべての鉢は土の表面にウッドチップをのせてあり、こうすることで見栄えが良くなるだけでなく、土が風で舞い散らないのだとか。

広いバルコニーを床の色が見えないほどに埋め尽くす多肉植物は現在約80鉢、ピーク時には120鉢もあったとか。「植物育てるためにここに住んでる」という言葉は決して大げさではなく、これ以外にもランやハーブ、さらに部屋の中にもいたるところに観葉植物が置かれており、それによって室内とバルコニーがきれいに繫がっている。黒澤家のバルコニーは、彼らに占領されて足を降ろすことさえ叶わないが、黒澤さんがこの空間を家の中心として捉え、楽しんでいることに変わりはない。

「水やりは週に一度だけど、状態をチェックするためにバルコニーは毎日欠かさずに見ていますよ。窓を開けて、こんな風に椅子持ってきて外の植物たちを眺めていると、そのまま何時間でもいられる。8年経っても全然飽きないですね」

 

FRaU10月号の取材先で出会った
バルコニーもみんなインフィニティ!

バルコニーにウッドパネルなどを敷くことで部屋との段差を解消し、リビングからバルコニーへ、床がそのまま続いているように見せるテクニックが流行中。今回取材したお宅でもみなさん実践されていました。

 
濱中邸のバルコニー

画像: 濱中邸のバルコニー

濱中邸のバルコニーは、室内の床の高さと合わせて板材を張り替え、インフィニティに。空間の広がりがより感じられる。

 
高草木・舩木邸のバルコニー

画像: 高草木・舩木邸のバルコニー

大きな窓から明るい光が差し込むリビングとバルコニーをフラットに。子供たちは外内を意識せず、駆け回ったり本を読んだりと自由に過ごす。

 
崇島邸のバルコニー

画像: 崇島邸のバルコニー

リビングと床の高さを揃え、室内と同じ世界観でアレンジしたバルコニー。「グリーンを置くことで、陽は入りつつ外からの目線を程よく遮ることもできます」

 
甲斐邸のバルコニー

画像: 甲斐邸のバルコニー

床はイケアのウッドパネルを活用。「前の家はバルコニーがなかったので、この家では緑でいっぱいにしたいなと。まだまだ増やしているところです」

 
●情報は、FRaU2017年10月号発売時点のものです。
Photo:Takehiro Goto(濱中邸、高草木・舩木邸、崇島邸), Hisashi Ogawa Text:Megumi Yamzaki

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.