家の中で生活感の出やすいモノといえば家電。性能は維持したまま、部屋の雰囲気をこわさないおしゃれなデザインのものを選びたいですよね。そんな願いを叶える今注目のアイテムを、デザイン家電の目利きがポイントと合わせてご紹介します!

お話を伺ったのは……
齋藤博さん
輸入家電コメンテーター。海外の照明・家具・家電の販売店「ヤマギワリビナ」を経て現職。デザインの優れた生活家電に国内外を問わず精通し、海外の家電の見本市などにも定期的に足を運んでいる。また家庭のリフォームをコーディネートした経験も豊富。

 

ガラスがモダンなトースターで
朝の時間をグレードアップ

画像: ガラスがモダンなトースターで 朝の時間をグレードアップ

「少し前までパンはオーブントースターで焼く人が大半でしたが、最近は味の良さからトースターに人気が集まっています。ラッセルホブスはカフェケトルで有名なイギリスの家電ブランド。ガラス材の美しいデザインはテーブルに置いてもサマになりますし、焼けるのを待つ時間も楽しくなりそうです」

 
2枚同時も、山型パンも美味しく焼ける!

画像: 2枚同時も、山型パンも美味しく焼ける!

「パンの挿入口が一カ所で横に広いので、2枚同時はもちろん、背の高い山型パンも横にすることで上の部分までムラなく焼けます。高温ですばやく焼くことで表面がカリッと、中はしっとりとした焼き上がりになり、冷凍したパンもお手のもの。このように、デザインだけでなく基本の性能もしっかりおさえているのが輸入家電のいいところですね」

ラッセルホブス ガラストースター 10617JP
冷凍したパンを一気に解凍して焼きあげる冷凍パン用ボタン、一度焼いて冷めてしまったパンの温め直しなど機能も充実。パンの厚さは5枚切りまでOK。¥18000/大石アンドアソシエイツ

 

ブレンダーといえば、の
パイオニアブランドが復活

画像: ブレンダーといえば、の パイオニアブランドが復活

「スムージーなどが定着したおかげでブレンダーもぐっと身近になり、今ではさまざまなメーカーが出していますが、実はブレンダーを最初に作ったのがこのオスター。一時は低迷いしましたが近年になって復活。一人用のコーヒーメーカーなど、ブレンダーの他にもいろいろ面白い製品を送り出しています」

 
キッチンを選ばない優れたデザイン

画像: キッチンを選ばない優れたデザイン

「ガラス×ステンレスの高級感のあるデザイン。日本のキッチンは置くもので一気に生活感が出てしまいがちですが、これならモダンでもレトロでもキッチンのテイストを問わず、見えるところに置いておけるはず。また、いまではブレンダーといえばこの形が定番ですが、これもオスターが最初に生み出したもの。使いやすい形は残っていく、といういい例ですね」

オスター アーバンブレンダー 450W
創業時から継承するクラシックデザインモデル。氷も砕く4点式ステンレスブレードを採用、3段階スピード調整機能付き。オープン価格/ジャーデン・コンシューマー・ソリューションズ・ジャパン

 

美味しく淹れられるコーヒーメーカーで
家の時間をもっと心地よく

画像: 美味しく淹れられるコーヒーメーカーで 家の時間をもっと心地よく

「9月に発売されたばかりの新方式のコーヒーメーカー。これが新しいのは、家庭用コーヒーメーカーのサイズで、抽出温度と浸し時間をコントロールできる “エアロプレス” の抽出方法を実現したということ。一定時間コーヒー粉を浸すことで豆本来の味を引き出し、最後に圧力をかけてその旨みを抽出しきるので美味しいコーヒーになるんです。エスプレッソマシンはこれまでにもありましたが、実用性重視のデザインでサイズも大きかったんです。コーヒー好きにはぜひ注目してもらいたいアイテムです」

 
松浦弥太郎さんも認める本格仕様

画像: 松浦弥太郎さんも認める本格仕様

「クリエイティブ・ディレクター松浦弥太郎さんが食文化と上質な暮らしを伝える「GRAND Xクラブ(グランエックスクラブ)」でも紹介されているだけあって、こだわりはかなりのもの。抽出温度3段階、浸し時間5段階で15通りに設定でき、好みや豆の種類に合わせて淹れ方を変えられます。国内メーカーならではの操作性も大きなポイントですね」

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020
独自の蒸気プレス方式で安定した美味しさと風味を実現。豆本来の油分もしっかり引き出すチタンコートメッシュフィルターを採用。オートオフ機能、クリーニング機能つき。オープン価格/タイガー魔法瓶

 

せっかくの新居!きれいをマルチに
アシストするスチームクリーナー

画像: せっかくの新居!きれいをマルチに アシストするスチームクリーナー

「日本ではクリーナーといえば掃除機一つという家庭が多いですが、本来はものや場所によって汚れの質も変わります。それに合わせてそれぞれ最適なクリーナーを選ぶのが理想です。ケルヒャーの家庭用モデルは窓や外壁からキッチン、バスなどの水回りまでマルチに使えます。床などの除菌もできるので、小さな子どものいる家庭には特におすすめ」

 
女性に嬉しいコンパクトさ、でも強力!

画像: 女性に嬉しいコンパクトさ、でも強力!

「ケルヒャーはもともと業務用製品から始まったブランド。そのノウハウが家庭用にもしっかり活かされており、汚れ落ちも使い勝手も抜群です。スチームクリーナーは数千円代の手軽なものも多いですが、ミストの細かさ、スチームの温度といった性能面ではやはり大きな差がでます。値段だけにとらわれずしっかり選んでほしいですね」

ケルヒャー スチームクリーナー SC 2
ボイラー方式で安定した吐き出し口で約100℃の高温スチームを可能に。連続噴霧時間は約30分。本体の重量は2.9kgで、女性でも操作しやすい軽量&コンパクト設計。¥19980/ケルヒャー ジャパン

 
Text:Megumi Yamazaki

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.