NYの住まいは狭いのになぜかとてもおしゃれに見える。そのヒミツを、海外のインテリア事情に詳しいライフスタイリストの大田由香梨さんにお伺いしました。日本の住宅でもマネできる、数々のアイディアは必見です!
 

お話を伺ったのは……
大田由香梨さん
ライフスタイリスト。カテゴリーに囚われず、衣食住すべてにおいて、流行に左右されない付加価値をスタイリング。

 

床、壁、天井は素材の
組み合わせにこだわりを!

画像: 事務所の一角は『COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY』で買ったタイルを敷き詰めて。なんでもない空間が一気にクラスアップ。

事務所の一角は『COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY』で買ったタイルを敷き詰めて。なんでもない空間が一気にクラスアップ。

家のなかでも面積を占める床や壁。たとえ間取りはシンプルでも、日本ではあまり馴染みのない素材を使用すれば空間にリズムが加わる。
 

「たとえば、天井の古材もうまく活かせば雰囲気が出るし、床はありがちなフローリングではなく、モルタルやタイルにすればぐっと海外っぽい仕上がりに。コーナーの一角をタイルにするだけでも充分に空気感は変わります。また、モルタルと木、タイルでも形や色の違うものなど、素材の組み合わせ次第でバリエーションが増えるので、様々な可能性を探ってみてください」
 

画像: ニューヨークの地下鉄のタイルを忠実に再現したSubway Ceramics Tile。ハンドメイドならではの味のある表面は、雰囲気作りに最適。形・色の違う床のタイルと組み合わせるセンスもさすが!

ニューヨークの地下鉄のタイルを忠実に再現したSubway Ceramics Tile。ハンドメイドならではの味のある表面は、雰囲気作りに最適。形・色の違う床のタイルと組み合わせるセンスもさすが!

画像: 床、壁、天井は素材の 組み合わせにこだわりを!

COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY
東京都目黒区三田2-10-35 目黒中銀マンシオン
☎03-3760-0111
営業時間:11:00~19:00、土・日12:00~18:00
定休日:祝・日
 
「NY製タイルを豊富に取り扱っているおしゃれな家具屋。ホームページを眺めているだけで家作りの参考になります」

 

STUDIOタイプを上手に使いこなす

画像: 大田さんの友人のお部屋は玄関からベランダまで一続きの空間になったSTUDIOタイプ。打ちっ放しのモルタルや異なる質感の木材を使用し、視覚的に空間を区切った内装に。 提供:リノベ不動産 | Beat HOUSE

大田さんの友人のお部屋は玄関からベランダまで一続きの空間になったSTUDIOタイプ。打ちっ放しのモルタルや異なる質感の木材を使用し、視覚的に空間を区切った内装に。

提供:リノベ不動産 | Beat HOUSE

日本はかつて部屋数の多さがステイタスの一つだったけど、今はその価値観が変わってきたと話す大田さん。

「細かく仕切った3LDKよりも、同じ広さならオープンなSTUDIOタイプ(1ルーム)の部屋が今の私たちの生活にはしっくりくる。壁ではなく、床の色や素材、家具でゆるく仕切れば、ライフスタイルが変わってもそれに伴い間取りも自由に変更でき、そのときどきをベストな空間で過ごせますよね。STUDIOタイプを上手に使いこなせれば、部屋の自由度はぐっと上がると思います」

 

思い切って壁に穴をあけ
アートを飾ろう!

画像: 大田さんがインテリアを手掛けた『MOUSSY SOHO New York店』の一角にもアートを飾って。

大田さんがインテリアを手掛けた『MOUSSY SOHO New York店』の一角にもアートを飾って。

持ち家でさえ、「壁に穴をあけてはいけない」という意識の強い日本に対し、海外では、壁はまさに自由自在に個性を表せるキャンバス。
 

画像: オフィスにはYellowKornerで購入したケイト・モスの写真をディスプレイ。

オフィスにはYellowKornerで購入したケイト・モスの写真をディスプレイ。

「壁の可能性ってすごく大きいと思うんです。空間に絵や写真が一つあるだけでまったく違う雰囲気になる。たとえば、東京だと窓の外に緑が広がる家を探すのはなかなか難しいけど、風景写真があるだけで外の景色を感じられたりしますよね。今は、修復できるアイテムも簡単に手に入るので、壁に穴をあけることを怖がらず、アートを積極的に取り入れると生活がもっと豊かになると思います」
 

画像1: ©Shinichi Ichikawa

©Shinichi Ichikawa

Yellow Korner(イエローコーナー)
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F IMA CONSEPT STORE内
☎03-5572-7144
営業時間:12:00~19:00
定休日:日・月・祝
 
「オフィスに飾ってあるケイト・モスのアートフォトはココで購入。値段もお手頃で種類も多いので、初めての方にもおすすめ」

 

画像2: ©Shinichi Ichikawa

©Shinichi Ichikawa

THE CONRAN SHOP SHINJUKU
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー3・4F
☎03-5322-6600
営業時間:11:00~19:00
定休日:水(祝日の場合は営業)
 
「ジャンルやサイズ、フレームなどのバリエーションも多く、テーマにそった品が揃うので、行くたびに出会いがあります」

 

アイディアソースを持って
パーツを手に入れる

画像: 「『ORGANIC TABLEBY LAPAZ』で使用しているIKEAのランプ。大きめサイズの裸電球が海外っぽくて可愛いんです」

「『ORGANIC TABLEBY LAPAZ』で使用しているIKEAのランプ。大きめサイズの裸電球が海外っぽくて可愛いんです」

「洋書などを見てアイディアを蓄積しておけば、お金をかけなくても上手にインテリアを作り込むことができます。このライトも、洋書を眺めていてペンダントの裸電球が可愛いなと思っていたところ、IKEAで似たようなものを見つけて購入。大量のアイテムを取り扱うショップでは何も情報がないとスルーしてしまうアイテムも、アイディアソースがあれば上手く発見できる。既製品そのままではなくちょっとしたアレンジを加えたりと、洋書にはアイディアがたくさん詰まっているのでぜひ参考にしてみてください」
 

画像: 『WAREHOUSE HOME』

『WAREHOUSE HOME』

「海外らしいセンスのいい部屋がたくさん掲載されていて、間取りはもちろん、家具の配置や木材の使い方など、すべてが参考になります」
 

画像: 『Small Homes, Grand Living』

『Small Homes, Grand Living』

「海外の小さなお家の事例がたくさん掲載されている本。どれも、想像を超えた収納テクニックや間取りで、ページをめくるたびにワクワクします」

 
▼前編はこちらからチェック!

 
●情報は、FRaU2017年10月号発売時点のものです。
Direction:Yukari Ota Photo:Shinsuke Sato Composition:Nirai Ikeshiro

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.