三足のわらじが履けないのなら仕事を諦める。それもひとつの手段だが、なかにはその仕事を優先順位の一番に挙げ「諦めたくない」と思っている人も。そういう場合はどうすればいいのか、二人にたずねてみた。

FRaU 2016年10月号掲載、漫画家・東村アキコさん × 写真家・植本一子さん 対談<後編>公開。

 
▼前編はコチラ!

 

仕事を頑張りたいのなら
結婚を捨てるという方法も

植本 それはもう、周りの協力や他人の手を借りながら “子育て” の荷を軽くするか……。

東村 それか “結婚” を捨てるか(笑)。例えば “結婚=旦那の収入” と考えて、そこを捨てる。つまりは、専業主夫として旦那に家庭に入ってもらう。私の知り合いの編集者に、まさにそのスタイルで結婚生活を営んでいる人が2人いるんですけど、それはもう奥さんは生き生きと働いていますよ。私ね、仕事を頑張りたい女性にとっては、ある意味、究極の理想の形だなって思うんですよね。

植本 一家の大黒柱になれるくらい稼げるのであれば、全然アリですよね。

東村 また “結婚=旦那” と考えて、いっそ旦那を捨ててしまうという方法もありますよ(笑)。

植本 そういえば、東村さんは一度離婚を経験されているんですよね。

東村 そうなんですよ。出産後、すぐに夫婦関係がうまくいかなくなって別居したので、最初からシングルマザーみたいなもんだったんです。もちろん大変なこともたくさんありましたけど……旦那がいないと “旦那の世話をする” という仕事がひとつ減るから、それはそれで楽だったりもして(笑)。旦那の食事も作らなくていいし、旦那の洗濯物もたたまなくていい、何より、喧嘩もしなくて済むわけですから。

子供と二人きりになってからは、感情を爆発させて泣きわめくようなこともなくなりました。そこで思ったんだけど、キーッてなるのって、実は旦那へのアピールなんですよね。「私はこんなに頑張っている‼」「こんなに辛くて大変なのよ‼」って。

植本 それ、スゴくよくわかります。

東村 でも、子供と二人だと、旦那というギャラリーはいないし、子供にぶつけたところで理解できないから。それはもう憑き物が取れたように、シングルになってからは泣きわめかなくなったんですよ(笑)。

 

NEXT≫「本当に、石田さんじゃなかったら、私は結婚生活を続けてこれなかったと思います」

This article is a sponsored article by
''.