年齢を重ねると、自然体の美しさに自信を持ち続けることは難しい。カバー撮影日、現場に現れた井川遥さんは、コンディションのよさが見て取れる透明感あるノーメイクのまま、無造作にスタッフの話の輪にスッと溶け込み、場を和ませた。まさにこんな大人でありたい理想とも言える雰囲気が、そこにあった。

 

衰えるのは、もちろん残念
でも抗わず、今のベストを尽くしたい

画像: ドレス¥570000、ニット¥150000/クリスチャン ディオール(ディオール)

ドレス¥570000、ニット¥150000/クリスチャン ディオール(ディオール)

「ちょっと遊びたくなって」と最近作った前髪には、誰もが憧れる女っぽさだけでなく、あどけなさや親近感もある。井川遥さんは、現在41歳。“30歳はまだまだ余裕、40歳を越えるとガクッとくる” というこわい噂も、彼女には無縁だったのだろうか。20代よりも30代、30代よりも40代、美しさのグラフは常に右肩上がりだ。

「年齢的な衰えは、実感としてはあります。残念だなと思うこともあるけれど、それを無理にどうにかしようと意識するのは、あまり好きではありません。歳をとるという当たり前のことに逆らおうとするのは、潔くないというか」
 

画像: 衰えるのは、もちろん残念 でも抗わず、今のベストを尽くしたい

抗わず、その年齢でのベストを尽くしていたい。確かに、彼女の美しさはそこからくる年齢とマインドのバランスのよさにあるのかもしれない。無理のない、潔い、自然体のキレイ。彼女の場所にたどり着くためには、今何を意識して、何を頑張るべきなのか。結婚、ふたりのお子さんの出産と育児、女優、モデルとしての仕事。いくつもの幸福が一挙に訪れ、多忙という大波となり押し寄せた井川さんの30代。

「子育てと仕事の両立は日々綿密な調整が必要で、それは子どもの年齢や環境によって変化してきました。仕事柄コンディションを良くして挑みたいのはあるけれど、思い通りに運んだことはほぼ無かったように思います。今もそんな状況ですが。忙しさを当たり前にしていかなきゃいけない生活のなかで、万年寝不足だけれど、踏んばっていつも目覚めと共に全力投球(笑)。あれもしなきゃ、これもしなきゃと色んな情報に翻弄された20代とはうって変わり、選択肢は無くなったというか、すごくシンプルになりました。だから基本に返るようになったんだと思います。バランスの良い食事を心がけ、空き時間を見つけては体を動かす。まず体が健康でないと始まらないと実感するんです」

まるで気絶するように、一瞬で深い眠りに入るという特技を身につけたのも、この頃なんだとか。

 

PROFILE

井川遥 Haruka Igawa
1976年6月29日生まれ。女優として、数多くのドラマ・映画・CMなどで活躍中。10月14日22時スタートの日本テレビの新ドラマ「先に生まれただけの僕」にも出演。初のディレクションブランド【Herato】【loin.×Clothing ISETAN MITSUKOSHI】の限定ショップを三越伊勢丹でオープン。恵比寿三越11月1日(水)~14日(火)、伊勢丹新宿店11月8日(水)~14日(火)。

 
●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Photo:Eiki Mori Styling:Hiroyuki Kubo(W) Make-up:Sadae Sasaki Hair:Go Utsugi(PARKS) Text:Hiromi Sakurai

 
◆全文読みたい方は
 FRaU11月号をチェック!

画像1: 年齢を重ねるごとに美しくなる、「井川遥がさびない理由」 画像2: 年齢を重ねるごとに美しくなる、「井川遥がさびない理由」 画像3: 年齢を重ねるごとに美しくなる、「井川遥がさびない理由」

 
 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.