初対面の同性とうまくやるには?
(30歳・未婚・会社員)

私の彼は体育会出身で、今でも当時の部活の仲間たちとしょっちゅう集まっては飲んだり遊んだりしています。それはいいのですが、バーベキューやイベントに私にもついてきてほしいと言われることが結構あって正直負担です。やんわり断ると、みんな来てるのにどうして?と言われ、私自身も行ってあげたいなと思うのですが、いざそういう場に行くと、見ず知らずの彼女(とか奥さん)たちの輪に萎縮してうまく入っていけないのです。初対面の同性(集団)と上手にやるコツってなんでしょうか?

 
◆夏木マリさんのアンサー

とにかく、まずは笑顔!ね。私も昔はパーティー嫌いで、人が大勢集まるところに行くのはすごく気が重かったの。でも、少しでも「行ってあげたいと思う」気があるなら、もうその場を楽しむしかないじゃない! 私はそうしてきたわ。

知らない世界を見るって、慣れると案外楽しめるものよ。それに、たとえ気乗りがしないとしても第一印象はすごく大事。だから、つまらなそうな顔はNG。とにかく笑顔は忘れないでね。

私はマリナツキテロワールというパフォーマンス集団を持っているのだけど、彼らに常々言っていることは、相手の話を聞くことは第一のダイアローグってこと。その場で親友を作れってわけじゃないのだから、無理に仲良くなる必要はなし。何かを取り繕うのでもなく、素直に「話をきく」、そして「初対面の人ばかりで、少し不安でドキドキしているんです」と言えばいい。

まずは一対一で話しやすそうな人を見つけて、一人ずつ開拓していけばいいのよ。「お名前は?」と、普通に挨拶から始めてね。相手の名前をきちんと覚えることって、何より大事だし、誰でも初対面の人がきちんと自分の名前を覚えてくれたら嬉しいものでしょ。そうやって、まずは一人ずつ向き合ってみる。

前回の相談でも答えたけれど、私はね、コミュニケーションの基本は一対一の関係だと思うの。素直に、笑顔で、まずは一人と一人で向き合ってみる! ユルユルッと入り込めば、案外ユルユルッと馴染めちゃうものかもしれないわよ。

 
▼前回の記事はコチラ!

 

PROFILE

画像: ©HIRO KIMURA

©HIRO KIMURA

夏木マリ Mari Natsuki
今春、クリエイションを手掛ける「印象派NÉO vol.3」を東京・京都・パリにて公演。称賛を浴びる。音楽活動では、ライブハウスツアーを完走し、フェスに多数参戦。11/19には今年で4回目となる清水寺パフォーマンス奉納を予定。詳しくは、http://www.natsukirock.com


●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Text:Chisa Nishinoiri

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.