卓球をモチーフに展開する『ミックス。』は、ロマンティックコメディの楽しさと同時に、女優・新垣結衣の魅力を丸ごと堪能させてくれる映画だ。のびのびと健やかなフィジカルに宿るのは、こじらせ女子の複雑なメンタル。そんなヒロインを演じ切り、素の表情に戻った彼女が丁寧に言葉を選びながら作品について語ってくれた。たいせつな宝物に愛を乗せて送りだそうとするように。

 

卓球のイメージが大きく変わりました

画像: ケープ¥18000 ロングスリーブTシャツ¥16000/ボウルズ(HYKE) デニムパンツ¥30000/シック(Fill The Bill)

ケープ¥18000 ロングスリーブTシャツ¥16000/ボウルズ(HYKE) デニムパンツ¥30000/シック(Fill The Bill)

真面目で一生懸命な人なのだ。質問を受け止めると、大きな目をくるくると巡らせてしばらく考え、静かなトーンで言葉を発する。ヒロインを演じることへの覚悟と使命感が伝わってくる。たとえば本作の試写を見たときの心境をたずねると……。

「作品の “顔” として取材を受けることになるから、どんなお話をしようかなと思いながら見ました。完成したものを見たときに、“こういうふうになったのか” と感じたことや、どんなところが好きだったのかとか、ちゃんと自分の思ったことを言いたいから」


演じたのは、“天才卓球少女” として輝かしい活躍をしながらも、その経歴を封印し、普通の生活を送っているOL・多満子役。失恋をきっかけに、故郷の卓球クラブで “ミックス” と呼ばれる男女混合ダブルスを組むことになり、相手は元ボクサーで妻子に愛想を尽かされた萩原(瑛太)だった……。

激しいラリーが繰り広げられるシーンは圧巻。クランクインの1ヵ月前から卓球の練習を開始したという新垣さんも、手応えを感じたようだ。

「卓球って、誰でも気軽に遊べるゲームみたいなイメージだったんですけど……。今回、プロの方たちからフォームとか、頭の中で考えていること、計算していることを教えてもらって、大きく印象が変わりました。体力勝負でもあるけど、頭脳戦でもある、と。

今回卓球を指導してくださった方からは、ラケットに球を当ててリフティングみたいにするのは “たくさんできるようになってください” と言われて、元気があるときは家の中でもずっとやっていました。やっぱり小さい頃から卓球を叩き込まれていたという役なので、それらしく見えなくてはという思いもありました。

試合のシーンは3日間くらいで集中して撮影したんですけど、そのときの多満子の表情が……、なんて言ったらいいんだろうか……ピンポン・ハイというかトランスというか(笑)。意識がここにあるのかないのかわからないみたいな表情になっていたようで。スタッフからは、“いい顔してたから、そのカットの秒数を長くしたんだよ” と言ってもらいました。ただ演じているときは、楽しいシーンは見ていただく方に笑ってもらいたくて必死になっているだけ。ヘロヘロになりながらできることをやっていただけのこともあります」

 

NEXT≫「瑛太さんは、基本、相談なしなんです」

This article is a sponsored article by
''.