今年も新米の季節が到来。料理人が絶妙な火加減で、旬の食材と共に炊き上げる土鍋ご飯は、店ごとに個性を感じる逸品だ。でき上がった土鍋ごはんの蓋を開ける瞬間は、誰もが見入って、立ち上る湯気と香りに思わず笑顔になってしまうはず。

料理との相性を考慮した日本酒も豊富に揃うお店へ、秋の味覚を満喫しに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

裏路地にひっそりと佇む隠れ家で
旬を詰め込んだ贅沢な〆ごはんを

京橋 酛(もと)

画像: あきたこまちを出汁で炊き上げ、木の芽と山椒を飾った「松茸ときのこと銀杏の土鍋ごはん」(¥9000のコースから)

あきたこまちを出汁で炊き上げ、木の芽と山椒を飾った「松茸ときのこと銀杏の土鍋ごはん」(¥9000のコースから)

予約が取れない人気店「新橋 酛(もと)」が、風情漂う京橋の裏路地に移転し、6月で1周年を迎えた。上野智紀さんが手掛ける素材の旨味を引き出したインパクトある料理に、厳選された日本酒がしっかりと寄り添う。内容は日々変わるので、訪れた日にどんな土鍋ごはんが供されるかも楽しみひとつ。秋の味覚の代名詞と言える松茸を主役にした逸品はぜひ味わいたい。
 

画像: 雲丹と石川芋のピューレを添えた「松茸と焼き茄子を秋刀魚で巻いた山椒焼き」(¥7000・¥9000のコース共通)。

雲丹と石川芋のピューレを添えた「松茸と焼き茄子を秋刀魚で巻いた山椒焼き」(¥7000・¥9000のコース共通)。

7000円と9000円のおまかせのコース料理のほか、早い時間や21時以降はアラカルトもオーダー可能。日本酒を目当てに立ち寄るゲストも多く、多彩なシーンで重宝しそうだ。
 

「日本酒を好きになる入り口的な存在になれたら」と語る店主・鈴木隆之さんがセレクトする日本酒は、若手の蔵元にスポットを当てた銘柄を主軸に約80種類。
 

 

京橋 酛(もと)
東京都中央区京橋2-6-13 イーストビル1F
☎03-3567-7888
営業時間:16:00~23:30(LO22:30)、土 15:00~22:00(LO21:00)
定休日:日、祝日は不定休 
※価格は税込

 
Photo:sono(bean) Composition:Yui Togawa

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.