今年も新米の季節が到来。料理人が絶妙な火加減で、旬の食材と共に炊き上げる土鍋ご飯は、店ごとに個性を感じる逸品だ。でき上がった土鍋ごはんの蓋を開ける瞬間は、誰もが見入って、立ち上る湯気と香りに思わず笑顔になってしまうはず。

料理との相性を考慮した日本酒も豊富に揃うお店へ、秋の味覚を満喫しに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

福井出身の店主がもてなす
季節のごはん
地酒と自然派ワインのセレクトも秀逸

四季ごはん 晴れ間。

画像: 秋の新作「ブラウンマッシュルームとアボカドの土鍋ごはん」(香の物付き¥2600)。五穀米を使った体想いのごはんで、意外な組み合わせも楽しい。ピンクペッパーがアクセントに。

秋の新作「ブラウンマッシュルームとアボカドの土鍋ごはん」(香の物付き¥2600)。五穀米を使った体想いのごはんで、意外な組み合わせも楽しい。ピンクペッパーがアクセントに。

福井県出身で地元愛に溢れた店主・中原知美さんがもてなす一軒。和食をベースに、季節の移ろいを大切にしながら多彩な国のテイストをプラスしている。自慢の土鍋ごはんも同様、こちらならではのメニューが揃う。常時5種前後揃い、6年の歳月をかけて誕生した福井県産の新しいお米 “いちほまれ” を使用する。

今秋から登場する「ブラウンマッシュルームとアボカドの土鍋ごはん」は、炊き上げてからのせるまろやかなアボカドが印象的。二番出汁で炊き上げた五穀米とたっぷりのブラウンマッシュルームとの相性もバツグンだ。
 

画像: 季節によって内容が替わる「晴れ間。旬のおつまみ五品盛り合わせ」は、お任せコース「晴れ間。本日のゆうげ」(¥3800)などすべてのコースに含まれる定番の一品。

季節によって内容が替わる「晴れ間。旬のおつまみ五品盛り合わせ」は、お任せコース「晴れ間。本日のゆうげ」(¥3800)などすべてのコースに含まれる定番の一品。

土鍋ごはんの炊き上がりを待ちながらいただきたいのが「晴れ間。旬のおつまみ五品盛り合わせ」。季節の訪れを感じる料理が、愛らしい小さな器で供され、お酒も進む。
 

画像: 日本酒は福井の地酒が25種類前後。1合¥750~。

日本酒は福井の地酒が25種類前後。1合¥750~。

日本酒はすべて福井の銘酒。「梵」や「一本義」のほか、東京ではなかなかお目にかかれない「越の鷹」や「雪きらら」といった銘柄もいただけるので、日本酒好きにはたまらない。酒器は、福井の作家ものや錫のブランド「能作」を取り揃える。
 

画像: ワインは自然派をメインにラインアップ。ワイングラス¥650~、ボトルワイン¥3800~。

ワインは自然派をメインにラインアップ。ワイングラス¥650~、ボトルワイン¥3800~。

日本酒のほか、自然派を中心としたワインも充実する。食事に寄り添うテイストをメインに、話題のオレンジワインも人気。
 

四季ごはん 晴れ間。
東京都渋谷区上原1-1-20-1F
☎03-6804-9980
営業時間:18:00~22:00LO、日17:00~21:00LO
定休日:月

 
Photo:Mino Inoue Composition:Yui Togawa

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.