名だたる女優や有名ミュージシャンたちに「黒田さんじゃなきゃダメ」と言わしめる、日本を代表するヘア&メイクアップアーティスト、黒田啓蔵。彼が考える、いい女論。
 

お話を伺ったのは……
黒田啓蔵さん
10年間のサロンワークの後、ヘア&メイクアップアーティストとして活動を開始。以来、幅広い年代の女優、ミュージシャンに愛され続けている。著書に『黒田啓蔵の劇的!王道メイク』(ワニブックス)や『よみがえりメイク』(主婦と生活社)がある。

 

この10年でメイクの
役割が大きく変わった

「今がいちばんメイクしていて楽しい」と語る黒田さん。その理由を尋ねると、「ひと昔前は、メイクでその人を編集するという考え方が主流だったんですよね。その人自身の “個” が少し置いていかれている雰囲気があって。それが私たちメイクアップアーティストにも求められていた。でも今は “いかに素を生かすか” ということがメイクの中心に来るようになりましたよね。時代が “その人本来のパーツに磨きをかけてあげる” という方向に変わってきた。だから、する側としても無理がないし、気持ちいいんですよ」

確かに、この10年で女性にとってのメイクの役割はずいぶんと変化した。その証拠に、10年前、5年前の女性誌を見ると、いまでは考えられないほど、こってりしたメイクが多い。でも、自分のメイクはどうだろう? ちゃんと“時代が求めるメイク”を捉えながら、美しく年を重ねていっているだろうか? 

「女性にとってメイクを変えるというのはとても勇気がいることですよね。でも年齢を重ねていく上で、自分のメイクのテンションと付き合えなくなる瞬間って絶対に来るんですよ。『これをしていて、果たして私はキレイに見えているのか?』と自分で疑問に思う瞬間が。そのときこそがメイクを見直すタイミング。そう感じたら一度素に戻ってみて、“今の自分自身が本当に輝いてみえるようにするにはどうしたらいいか?” と冷静に、客観的に考えてみる必要があります。やっぱり自分の年齢とズレている状態っていうのは、いきいきとしていないし、美しく見えないですからね」

 

30代、40代は
『可愛く生きるための貯金』を

本人とのギャップ、年齢とのギャップ。そこに生じる『無理している感』が、キレイを遠ざけてしまうのだろう。そしてそういった歪みは、年齢を重ねるごとにより顕著に顔に表れてくる。

「やっぱり心が可愛い人は、いくつになっても本当に可愛いですよね。心が可愛いっていうのは、人に優しくできたりとか、周囲に気を配れたりとか、人に気を遣わせないとか、毎日の本当にちょっとしたことなんです。女性はどうしても年々強くパワフルになっていきますから(笑)、そこでちょっと立ち止まってみることが重要。30代、40代の過ごし方で、それ以降の生き方が決まってきますからね。

女性は誰でも貯金箱を持っているんだと思うんですよ。忙しい毎日の中でつい自分本位になりがちだけど、“可愛く生きるための貯金” と思って、周りに目を向けてみる。そうすると50歳になったときには、その “貯金” が貯まっていると思いますよ。50歳からはそれをどんどん使って、思い切り可愛く生きる! そう考えると、女の人の人生って素敵ですよね」

 

最近、メイクはだいたい30分程度!

さまざまな年代の女優さんメイクを手掛ける黒田さん。最近はどんな現場でもメイク時間がだいたい30〜40分なんだそう。

「これはすべての女性に共通することなんですが、“年齢を重ねれば重ねるほど、難しいことはやめる” というのがポイントです。難しいことは結局続かないし、どこかで『私は難しいことをしないとキレイになれない』という発想を生んでしまうんですよね。だからいかに簡単な手順でいかにキレイに見せるか、というのがテクニックとして重要になってきます。

いまはコスメそのものの進化が目覚ましくて、例えばクッションファンデーションなんかも、優秀で肌に負担の少ないものがたくさん出てきている。スキンケアアイテムもしかりで、進化しているものを使っている人と使ってない人では、大きな違いが出てしまいます。そういうものにどんどんトライしながら、いかに効率よくメイクしていくかが、大人にとっては重要なんです」

 

黒田流メイクテクは
こちらの記事をチェック!

時代のスピード感とともにアップデートされていく黒田さんのメイク。驚きの速さで仕上がる黒田流テクニックをご紹介。

 
●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Photo:Kenji Sato Illustration:Masami Ushikubo Composition:Sachico Maeno

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.