美しさが、凄みを増している。若い頃も綺麗だったけれど、今年42歳になる彼女の風貌には、大人の華やかさと、知性と、品格が加味され、何より生命力に溢れている。それは、日々を重ねることを心から楽しんでいるからこその成熟。彼女の話を聞いていると、知性と経験こそが、女にとっての最高の美容液だとわかる。

 

“目には見えない事柄”を
大切にしていきたい

画像: シャツ¥18000、パンツ¥25000/ともにシンメ その他スタイリスト私物

シャツ¥18000、パンツ¥25000/ともにシンメ その他スタイリスト私物

「イイ女は、笑顔の種類が多いんだ」

1年半ほど前、FRaUのインタビューページで、アラーキーこと写真家の荒木経惟さんに、女優の樹木希林さんを撮影してもらったことがある。あとで荒木さんに樹木さんの印象を聞くと、冒頭のような答えが返ってきた。

笑顔の種類——。恋人に向かってする媚びるような微笑みもあれば、家族に対する慈愛の笑みもある。安心の笑みもある。笑顔を向ける対象によって、種類が変わることもあれば、何かを思い出して笑ったり、褒められて照れ笑いをしたり、時には泣き笑いだってする。歳を重ねることは、笑顔の種類を増やすことなのかもしれない。そんなことを、荒木さんの話を聞いて思った。

板谷由夏さんのインタビューでありながら、最初に荒木さんの話をしたのには、理由がある。板谷さんは、昔から荒木さんの写真の大ファンで、昨年、10年ぶりにフォトセッションが実現した時、由夏さんは、写真を撮られながら泣いてしまったのだそうだ。

「私は、普段から “言葉にはできない事柄” や、“目には見えない事柄” を大切にしたいと思っているんですね。あ、霊感とかオカルトとか、そういうことじゃないですよ(笑)。写真を撮られていても、フォトグラファーがかけてくれる言葉とか、目の前で繰り広げられている光景以外の、もっと深いところにある “心の交流” みたいなものを受け止めたいなって思うんです。

あの時は、荒木さんに写真を撮られながら、ある瞬間、何かが胸にバチッて来た。そしたら、気づいた時にはもう目から涙が溢れていたんです。荒木さんと心で “交信” した気がしました。元々、荒木さんの写真にある、一瞬の中に永遠を閉じ込めてしまう感じとか、永遠でないものを永遠として手繰り寄せる感じ、永遠ではないとわかっているのに、その欠片を探す感じとか、そういうのがたまらなく好きなんです。一枚の写真の中に、一瞬と永遠が混ざり合う切なさみたいなのが、もうどうしようもないくらい好き(笑)。

多分あの時も、荒木さんに撮影していただいている幸福と、それが永遠じゃないことへの切なさが、一気に気持ちの中にこみ上げて、泣いてしまったんじゃないかと思います」
 

画像: “目には見えない事柄”を 大切にしていきたい

サバサバしているように見えるけれど、実は由夏さん、なかなかのセンチメンタリスト。心の片隅にいつも、切なさの欠片を握りしめているようなところがある。それは、小学生の時から、ずっと転校を繰り返して来たことからくるのかもしれない、と彼女は言う。

「見知らぬ学校へ転校して、1年してやっとそこに馴染んで、友達と仲良くなれたところで、さよならのときが訪れる。『ああ、このお友達ともいつかさよならする時がくるんだなぁって常に思っていたので、諦めているわけじゃないけど、一点の曇りもない純粋さでその時を楽しめるような、無邪気な子供ではなかったかもしれない。

もちろん、転校生でも、馴染んでくると楽しいし、自分が転校生ということを忘れている瞬間もあるんですよ。でも、そんな時に友達から、『由夏ちゃんって、仲良くなっても、いつかどこかに行っちゃうんでしょう?』と聞かれて、ハッとしたり。

なので、転校するのが当たり前になってからは、大げさに言えば “死生観” のようなものを、自分の中に持つようになったのかもしれません。全て物事の先には終わりがあるということ。全ては永遠じゃないんだということ。でも、だからこそ、今を大事にしなきゃいけないんだと思ってました。それは、小さい時からそうでした。

ただ、私が、終わりを想像して動く体質になったことに、子供の頃の転校が関係していたと気づいたのはここ10年ぐらい(笑)。20代の頃は、『なんで私はこんなにいつも切ないんだろう。孤独なんだろう。寂しがり屋なのに、一人の時間が好きなんだろう。一体なんでなんだ?』って悩んで、アワアワしてましたから(笑)。それで周りの人に迷惑をかけたことも多々あります(苦笑)。

大人になるって素晴らしいですよ。だんだん、脳みその成長が肉体に追いついてきて、30代になってやっと、『あ、そういうことなんだ』って、内面を言語化して、自分自身の長年の謎を解けるようになったりするんですから」

自分のヒストリーと、心の構造との連動具合がわかるようになった今だからこそ、荒木さんとのフォトセッションでも、荒木さんの愛のエネルギーが、10年前よりずっとずっと強く、心に迫ってきたのだという。

 

PROFILE

板谷由夏 Yuka Itaya
1975年生まれ。’94年からモデルとしての活動を開始し、’99年に『avec mon mari』で映画デビュー。その後多くの映画・ドラマで女優としての経験を積む傍ら、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)ではキャスターを、『映画工房』(WOWOW)ではMCを担当。最近では『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)での演技が話題に。また、’15年には自身のファッションブランド『SINME』をスタート。私生活では2児の母でもある。

 
※FRaU2017年11月号より一部抜粋

●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Photo:Saki Omi Hair&Make-up:Haruka Yuki Stylist:Hirohiko Furuta Text:Yoko Kikuchi Composition:Sachico Maeno

 
◆全文読みたい方は
 FRaU11月号をチェック!

画像1: 「全ては永遠じゃない」板谷由夏、センチメンタルに生きる 画像2: 「全ては永遠じゃない」板谷由夏、センチメンタルに生きる 画像3: 「全ては永遠じゃない」板谷由夏、センチメンタルに生きる

 
 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.