知ってた? ヨーロッパでは膣ケアを行うのはもはや常識で、日本は膣ケア後進国。膣のゆるみや腰痛、冷えなども、実は膣まわりの老化が原因のひとつ。今まではどこかタブー視されていた “膣まわりのお手入れ” について科学的に検証!

“名器” にするため膣の手術をしたエロの伝道師・岩井志麻子先生にその真相を直撃。いつまでも “現役” でいるための努力とは。

お話を伺ったのは……
岩井志麻子さん
1964年岡山県生まれ。少女小説家を経て、『ぼっけえ、きょうてえ』で’99年日本ホラー小説大賞受賞するなど受賞歴・著書多数。近著に『嘘と人形』(太田出版)

 

50代でも60代でも
汁気が多い女で居続けたい

本業は作家ですけれど、スケベを生業にしている私が性に目覚めたのは幼稚園生。隣接している小学校にあった登り棒なんですね。名付けて「登り棒太郎」。ある日めちゃくちゃ下半身に力を入れて登り棒太郎にしがみついたら、あの絶頂感が膣に起こったんですよ。その時、すっごく気持ちがいいけど、これは絶対に人に喋ってはいけないぞと悟ったんです。親にも言えない、先生にも言えない。この快感は秘密やと。面白い遊びを見つけたら「みんな聞いて」って友達に教えるんだけど、なぜか本能的に分かったんですね。

そんな私ですが、これまであまり名器に関しては深く考えたことがなかったんです。自分が名器かどうかも追求しませんでしたし、ヤってきた男にも、性器を褒められもけなされもしてこなかった。無頓着といえば無頓着。だけど2013年頃でしたかね、とある女性誌から「志麻子さん、名器手術を受けてみませんか」と依頼がきたんですよ。

話を聞いてみると、包茎手術の専門医として名高い本田昌毅先生が女性器も手掛けるようになったと。膣に注射をするだけで名器になれる「Mショット」という施術があるらしい。志麻子さんにはその体験談を記事にしてほしいから、モニターとして無料でよろしいよと言うんです。

 

NEXT≫さすがおもてなし民族!「日本人の女はほぼ全員が『男が喜ぶ方』を選ぶ!」

This article is a sponsored article by
''.