若作りをしたいってわけじゃない。けど、隠したいものがあるのも事実。塗れば塗るほど、たとえ昔と同じプロセスだったとしても、なぜか厚塗りに見えしてしまう今、一番ポジティブに見える肌って、一体何だろう? その答えは、下地を主役にした “60%ベース” にあるという。

下地とクッションファンデーションで作る、60%の肌。ちょうどいい仕上がりを叶えるための優秀なプロダクトを、新作アイテムの中から村松さんに厳選してもらった。
 

教えてくれたのは……
メイクアップアーティスト 
村松朋広さん
ロンドンとパリ、NYにて活動後、2016年に帰国。コレクション等で培った独自のノウハウを持ち、程よいトレンド感と品格を持ち合わせた女性像を作り上げる。その仕上がりの美しさに、現在業界内で最も注目されているアーティストの一人。

 

BASE
サラリ みずみずしい ピタッと密着

画像: BASE サラリ みずみずしい ピタッと密着

1. GUERLAIN

表面サラリ、内側むっちりで滑らか肌へ導く
「コクのあるクリーム状から、のばしていくと突然サラッと変化するのが面白い。しかも肌内部から満ちる感覚があって、ナチュラルに毛穴などもなかったことに」。カラーレスタイプ。ブラーリング アクティブ ベース 30㎖¥5600/ゲラン

 
2. NARS

気になる毛穴や小ジワも、ぼかして消し去る
「よくあるシリコン系とは一線を画す仕上がりで、あたかも毛穴がなかったかのようなマット肌の土台を作ってくれます」。ヨレることなく肌に溶け込み凸凹を解消。スムース&プロテクトプライマー 30㎖ SPF50・PA++++¥4000/NARS JAPAN

 
3. YVES SAINT LAURENT

フレッシュな塗り心地で肌トーンも明るく
「乳白色のみずみずしいテクスチャーでワントーン明るい肌になって、表面も滑らかに」。汗や皮脂を長時間吸収し、テカリもブロック。アンクル ド ポー オール アワーズ プライマー 40㎖ SPF18・PA++¥6500/イヴ・サンローラン・ボーテ

 

FOUNDATION
クッション 高カバー力 セミマット

画像: FOUNDATION クッション 高カバー力 セミマット

1. GIORGIO ARMANI

ツヤを放つマット肌で潤いもアピール
「部分塗りする際にコントロールしやすい、エッジのあるパフも魅力」。ドライな印象を与えない、ルミナスマット処方。マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション 全6色 SPF23・PA+++¥8500 (セット価格)/ジョルジオ アルマーニ ビューティ

 
2.BOBBI BROWN

しっかり隠して、素肌のような仕上がり
「カバー力があるので部分使いにもぴったり。それでいて厚ぼったさがないのも優秀」。スキン ロングウェア ウェイトレスファンデーション フル カバー クッション コンパクト 全6色 SPF50・PA+++¥6500(セット価格)/ボビイ ブラウン

 
3.shu uemura

ライトな感触なのに、潤いまでチャージ
「肌と一体化しやすい、軽やかなテクスチャーが秀逸」。テカリを吸収してサラッと美肌を保つパフも、気が利いている。ステージ パフォーマー フレッシュ ティント UV クッション 全3色 SPF38・PA++++¥5200(セット価格)/シュウ ウエムラ

 
▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Photo: Makoto Muto(still) Composition&Text:Kazuko Moriyama

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.