ハワイに滞在中、必ず一度は訪れる人も多いヘルシーコンシャスな巨大スーパーマーケット。ワイキキからわざわざ足をのばしてまでやって来る人が多いのはなぜ? オーガニックを社会の主流に押し上げた原動力「ホールフーズ」の魅力を解き明かしながら、目のくらむ数の商品から厳選した “買うべきもの” を徹底指南!

5度目以上のリピーターなら、スケジュールを詰め込むよりも、いつも以上にゆとりを感じて過ごしたくなるもの。これから始まるハワイステイに心地よさをプラスしてくれる“ちょっといいもの”を求めて、さあ行ってみよう、ホールフーズマーケットへ!
 

アンケートにご協力いただいたのは……
TRANSIT GENERAL OFFICE PR 松波砂耶さん 
PacRim PR 塙麻衣子さん 
フリーランスエディター 伊澤慶一さん 
アパレルPR 坂田真実さん 
ヨガ講師 山村葉子さん 
ハワイ関連旅行会社PR 大沢美帆子さん 他12名
 
※ライフスタイルブログThe True Scentsからの出典もいただきました。

  

1. Irwin Naturalsの
トリプルティーファットバーナー

つい食べ過ぎてしまう
旅先での食事管理に

画像: つい食べ過ぎてしまう 旅先での食事管理に

こちらは脂肪燃焼系サプリ。ホワイトティー、緑茶、ブラックティーの成分が一粒に凝縮され、お茶に含まれるカテキンやカフェインが新陳代謝をぐっとUP。食後にさっと飲むだけのラクチンさも嬉しい。

 

2. Wedderspoonの
ハニー・オン・ザ・ゴー

旅の疲れを翌日に
残さないための強い味方

画像: 旅の疲れを翌日に 残さないための強い味方

風邪気味や調子が悪い時に舐めると、たちまち元気になると噂のマヌカハニー。個別包装なので滞在するお部屋でも移動中でも一瞬でエネルギー補給! そのまま舐めてもいいし、ホットティーに入れても美味しい。

 

3. PIPCORNの
グルテンフリーポップコーン

滞在中のお供に迎える
良質ヘルシースナック

画像: 滞在中のお供に迎える 良質ヘルシースナック

旅仲間とのチルアウトタイム。そんな時用にちょっとつまめるものを買っておこう。それならビーガン&グルテンフリーの軽い口当たりのポップコーンを選んで。これなら、夜更かし時間にもいいんじゃない?

 

4. Singer’sの
のどスプレー

のどのイガイガ感を
和らげ快適な旅時間に

画像: のどのイガイガ感を 和らげ快適な旅時間に

滞在先の部屋ではエアコンなどによる乾燥が気になることも。もしのどを痛めたら旅の楽しみも半減。そこで活躍するのが、のど組織に潤いを与えて乾燥を防ぐスプレー。これがあれば帰りの機中だって安心!

 

5. WHOLE FOODSの
フレッシュスムージー

フライトの疲れはこれで癒やして♡

画像: フライトの疲れはこれで癒やして♡

店内のジューススタンドでは、ホールフーズが認めた新鮮なフルーツや野菜を使ったフレッシュスムージーが味わえる。ヘルシーなアーモンドミルクが入ったスムージーで旅の始めにパワーチャージを。

 

6. goddess gardenの
ナチュラサンスクリーン

紫外線を気にせず太陽の下で遊びたい!

画像: 紫外線を気にせず太陽の下で遊びたい!

化学薬品を使っていない、肌に優しいオーガニック日焼け止め。ローションのように軽いテクスチャーなので、のばしやすいのも◎。約40分の耐水機能があるので、多少の汗や水遊びにもOK。SPF30

 

7. WHOLE FOODSの
生花

お部屋の中を自分らしくカスタマイズ!

画像: お部屋の中を自分らしくカスタマイズ!

エントランスを入ってすぐの生花コーナーで手に取るのはみずみずしい生花。花があればコンドやホテルの部屋にいる時間がますます至福のひとときに。オアフ島だけでなく離島からも運ばれてくる生花は香りも優しい。

 

8. NIELSEN MASSEYの
ローズウォーター

たっぷり遊んだ一日の最後に飲む一杯

画像: たっぷり遊んだ一日の最後に飲む一杯

バラの花びらから蒸留したエレガントなローズウォーター。一日たっぷり遊んだ夜、これを数滴垂らしたお水を飲めば、心も体もリラックス。芳醇なフレーバーだからスムージーやミルクに入れて楽しむのも◎。
 

【WHOLE FOODS MARKET 豆知識】
①「ホールフーズ」が積極的に支援する、ハワイの太陽を浴びて育った地元農家の農作物もいっぱい並ぶ店内。「Local」(ローカル)と書かれた看板がハワイメイドの目印なので要チェック。
②アメリカのオーガニック基準を満たしている商品には必ず「USDA ORGANIC」マークが付いている。とことんオーガニックにこだわるなら探してみて。

 
※掲載商品は取材時のものです。売り切れの際はご容赦ください。

●情報は、FRaU2017年12月号発売時点のものです。
Photo:Ryoko Amano(TRON), Taku Miyazawa Text:Yuki Miyahara Composition:Yuki Miyahara Coordination: Kiyomi Furusawa Model:Maya , Tina

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.