サクッと食べられるロコ流ファストフードから思い出に残るロマンティックディナーまで。バリエ豊富なハワイの “食” を気の向くままに!

ハワイのレストランは、早朝から美味しいごはんとロコの笑い声で賑やか。早起きをしたら、ゆっくりとしたブレックファストで一日の幕開けを飾りたい。

 

ローカルフードを盛り込んだ
愛あるボリューム朝ごはん

Countryside Café

画像: Countryside Café

「朝ごはんが素敵だったらその日1日がいい日になるから、どうしても朝食のお店をやりたかった」。そう語るオーナーのマリーさん考案のメニューは、地元食材のリリコイを使ったパンケーキ「Walk Through TheCountry」($10.95)や、ロコのソウルフードであるピックルドオニオンを使ったスクランブルエッグ「Meat Lovers Scrambles」($11.95)など、あたたかみのあるプレートばかり。ヤシの木が並ぶドライブロードに面したテラスで、素晴らしい一日の始まりを過ごして。

Countryside Café(カントリーサイド・カフェ)
87-070 Farrington Hwy., Waianae
☎888-5448
営業時間:7:00~14:00
定休日:なし
クレジットカード利用:可

 

“Farm To Table” がテーマの
ダイニングでプールを眺めながら
爽やかな朝の時間を過ごす

Mahina & Sun's

画像1: Mahina & Sun's

2016年4月にオープンした「Surfjack Hotel & Swim Club」。そのメインダイニングを、あの「Town」を手がけた有名シェフのエド・ケニーがプロデュースした。
 

画像2: Mahina & Sun's

ブレックファストは、「Surfjack Breakfast」($14)や、旬な地元のフルーツを使った「House Granola With Seasonal Fruit」($10)などメニューも豊富で毎日でも通いたくなる。
 

Mahina & Sun's(マヒナ・アンド・サンズ)
412 Lewers St., Surfjack Hotel & Swim Club, Honolulu
☎924-5810
営業時間:6:30~11:30(Breakfast)、6:30~midnight(Bar)、17:30~22:00(Dinner)
定休日:なし
クレジットカード利用:可

 

ローカルでサスティナブルな
食材を集め、ホームメイドに
こだわる若きオーナーの情熱

Scratch Kitchen & Meatery

画像: Scratch Kitchen & Meatery

こちらも2017年4月にオープンしたばかりの注目の新店。若いオーナーを中心に、ローカルでサスティナブルな生産方法をとっている食材を集めるなどチャレンジを続けている。

手作りにこだわっているだけあって、もちろん味も抜群!「Smoked Salmon EggsBenny」($15)は、食材そのものの美味しさが際立つ。ポテトもついて食べ応えも十分だ。
 

Scratch Kitchen & Meatery(スクラッチ・キッチン・アンド・ミータリー)
1170 Auahi St., Honolulu
☎589-1669
営業時間:9:00~15:00、17:00~21:00(月~土)
定休日:なし
クレジットカード利用:可

 
●情報は、FRaU2017年12月号発売時点のものです。
Photo:Akira Kumagai , Mai Kise Text:Rio Hirai , Sachico Maeno Coordination:Kiyomi Furusawa

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.