キャンピングカーでカルフォルニアの大自然をめぐるアウトドアTRIP。4回目のレポートは、旅の途中で出会ったグルメをご紹介します。

画像1: 絶景を眺めながら楽しめるグルメスポット inカリフォルニア♡

 

藁でできたお店⁉
絶景カフェ&アコモデーション

画像1: 藁でできたお店⁉ 絶景カフェ&アコモデーション

まずは、カリフォルニア州レディングの町から、レッドウッド国立州立公園へ向かう途中で立ち寄った、Straw house Café & Resort。その名の通り、外壁が藁で作られたセルフビルドのカフェで、アコモデーションも併設された素敵スポットです。
 

画像2: 藁でできたお店⁉ 絶景カフェ&アコモデーション

カフェでは、自慢の自家焙煎のコーヒーに加え、果実味たっぷりの濃厚なスムージーも購入できます。
 

カフェの目の前を流れるのはトリニティーリバー。夏は、川沿いのチェアに座って食事もできるそうで、実に気持ちいい!
 

画像3: 藁でできたお店⁉ 絶景カフェ&アコモデーション
画像4: 藁でできたお店⁉ 絶景カフェ&アコモデーション

施設内のアコモデーションは、1泊200ドル(夏季のみ宿泊可能)。
 

遊牧民のゲルスタイルの宿泊棟まで。暖炉を囲み、ウッディな室内で大切な仲間たちとお酒を片手にとことん語りたくなる空間です。
 

Straw house Café & Resort
31301 state Hwy 299,Big Flat,CA 96048
☎(530)623-1990

 

港町で
オイスター&シーフードを堪能!

画像1: 港町で オイスター&シーフードを堪能!

キャンピングカーでユーリカからメンドシーノに向う道中、ランチスポットに選んだのが、Django's Rough Bar。北カリフォルニアに数少ない港のうちの一つ、Noyo港沿いにあるため、美味しいシーフードがいただけます。
 

画像2: 港町で オイスター&シーフードを堪能!

店内にはバーカウンターやテーブル席がありますが、最も座るべきは、海が一望できるデッキテラス。金曜、土曜と日曜の夜にはローカルミュージシャンによるパフォーマンスが行われ、ムーディーな雰囲気は最高潮に!
 

画像3: 港町で オイスター&シーフードを堪能!

小ぶりで濃厚なオイスターを、ローカルビールと一緒に堪能しました!
 

画像4: 港町で オイスター&シーフードを堪能!

Django's Rough Bar
32096 N Harbor Dr.Fort Bragg,CA 95437
☎(707)962-0100

 

“川の終わり” で楽しむ
絶景と絶品

画像1: “川の終わり” で楽しむ 絶景と絶品

キャンピングカーの旅の後半、ワインの名産地・ソノマカウンティへとやってきた取材班。ランチの場所に選んだのは、神秘的なRussian川が太平洋に合流する “川の終わり” に佇む、絶景レストランRiver's Endです。
 

太陽がさんさんと降り注ぐサンルームのような店内からは、美しい川と海が一望できます。観光客からローカルまで、美しい海とロマンティックな食事を求めて大勢の人が詰めかける人気スポットです。
 

画像2: “川の終わり” で楽しむ 絶景と絶品

まずは、ワインで乾杯!
 

美しい “川の終わり” を見ながらの、ワインと食事は、最高です。
 

River's End
11048 Highway 1 Jenner,CA 95450
☎(707)865-2484

 

20ドルでワインを
テイスティングし放題!

画像1: 20ドルでワインを テイスティングし放題!

最後にご紹介するのは、同じくワインの聖地・ソノマカウンティにある、ワインテイスティングスポットSonoma Coast Vineyards。2017年の秋に発生した大規模な山火事で、多大な被害を被ったばかりのワインカントリーですが、1日も早い復興を願って、今回あえてこのスポットを紹介したいと思います。
 

画像2: 20ドルでワインを テイスティングし放題!

店に入ると、コの字型カウンターバーの中に、陽気なスタッフさんたちがスタンバイ。メニュー表からお好みのワインをオーダーすれば、好きなだけステイングできるのです。なのに、お値段はたったの20ドル!
 

店内は愛犬同伴OK! さまざまなカリフォルニアワインを飲み比べて、日本へのお土産ワインを選んでみては?
 

画像3: 20ドルでワインを テイスティングし放題!

Sonoma Coast Vineyards
555 Highway 1,Bodega Bay, CA 94923
☎(707)921-2860

 

取材協力:
シャスタカスケード観光局
メンドシーノ観光局
ソノマ観光局
カリフォルニア観光局

Text&Photo:Riyua Joe(mogShore)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.