「ラニカイビーチって、本当に天国なのかも!」。ラニカイ・カイヴァリッジ・トレイルのピルボックスから素晴らしい景色を見渡すと、そう思わずにはいられません。サンゴが透けて見える薄いブルーの海には、モクルアアイランズが顔を出して、手前の浅瀬をゆっくりと黄色いカヌーが進む様子が見えて、美しくてリッチな家々が白い砂浜の周りをぐるりと取り囲みます。

この絶景を見るまでには、縄を握らないと登りきれない砂の急坂や、ゴツゴツとした岩場を登ることに……。でも、そんな苦労や疲れなんて、頂上からのこの絶景を目にすればどこかに飛んで行ってしまうはずです。

 

トレイルの入り口までは歩くかバスで

画像: トレイルの入り口までは歩くかバスで

カイルアタウンからピルボックスの入り口までは3.5km。ラニカイビーチ付近には公共の駐車場はないので、3.5kmの道を歩くか、ザ・バスを利用して、カイルアタウンのKailua Rd + Opp Oneawa Stバス停から乗車して約11分(12駅)、Aalapapa Dr + Kaelepulu Drバス停で降りて約4分の道のりを歩くことになります。

ミッドパシフィックカントリークラブの向かいにあるピルボックス・トレイルの登山口。入り口は簡素なもので、入場も無料。そんな気軽なスタートを切るトレイルだけど、チャレンジするなら、足元は滑りづらい登山靴やスニーカーが必須です。その理由は、入り口を入ってすぐにわかるはず……!

 

スタートが一番難所!砂の急坂を登る

画像: スタートが一番難所!砂の急坂を登る

スタートしてすぐに目の前に立ちはだかるのは、砂の急坂。体感角度45度はありそうな坂で、サラサラと乾いた土がとにかく滑ります。木の幹を繋ぐロープや、木の根を頼りに登って行きましょう。ここでまず、しっかりと息が切れて、額に汗かくはず。

 

ちょっとずつ絶景が姿を現す……

画像: ちょっとずつ絶景が姿を現す……

砂の急坂を超えると、目の前にはラニカイビーチの青い海が! これだけで、この先のトレイルも頑張れる気がしてきます。荒涼とした褐色の世界と、ブルーの海のコントラストが美しくてうっとり。

 

まだまだ道は険しいので足元には注意

画像: まだまだ道は険しいので足元には注意

海と空のブルーに見惚れていると足元を取られるので気をつけながら進みましょう。岸壁はまだまだ厳しく続きます。風を遮るものが何もないので、強風に煽られて帽子やタオルなどを飛ばされないように注意しましょう。

 

ピルボックスを確認!あと少し!

画像: ピルボックスを確認!あと少し!

一歩ずつ登って行くと、切り立つ崖の上にグラフィックが描かれたピルボックスが見えてきます。下から眺めると、ピルボックスの上に立っている人の勇猛果敢さが際立ちますね……。

 

やっと着いた〜!絶景に、ほっと一息

画像: やっと着いた〜!絶景に、ほっと一息

2、30分ほど登ると、ピルボックスに到着! 達成感と、吹き抜ける風が気持ち良い!! 「頑張って登ってきて良かった〜!」と心から思える瞬間です。

 

ラニカイビーチってやっぱり天国!

画像: ラニカイビーチってやっぱり天国!

目の前に広がるラニカイビーチの絶景! 真上から眺めるラニカイタウンの豪奢な家々と、白い砂浜と青い海、黄色いボートが進んで行く様子をぼーっと眺めていると、「本当にここは天国なのかもしれない……」と思ってしまいます。

 

モクルアアイランドもこんなに綺麗!

画像: モクルアアイランドもこんなに綺麗!

ラニカイビーチのシンボル、モクルアアイランドだってこんなにくっきり。模型を見ているようでかわいらしい。海は深さによって色味が違って、「こんなにたくさんの青があるんだ」とグラデーションの美しさに感動します。美しすぎる景色はいつまでいたって名残惜しいけれど、ひとしきり写真を撮って、ほっと一息ついたら、いざ帰路へ。

 

道中のサボテン観察も面白い

画像: 道中のサボテン観察も面白い

カラカラの大地だけれど、サボテンは力強い! 道中に元気に生きているサボテンには、登山者が印を刻んでいることも。こんな大地でも元気に生きているサボテンを見て、「帰路も頑張らなくっちゃ」と思ったりして……。

 

そうです、帰りも急坂を下ります!

画像: そうです、帰りも急坂を下ります!

そうして進んで行くと、やはり逃れられないのがこの最後の急坂。登りよりも実は帰りの方が難易度が高いんです。尻餅をついて滑り降りることになりたくなければ、しっかりとロープにつかまって、全身を使って降りましょう!

 

「ラニカイトレイル」まとめ

1.砂の急坂や岩場を歩くので、スニーカーがマスト。

2.海沿いで風が強いので、帽子などを飛ばさないように注意。

3.近くに駐車場がないので、車を停められる場所から少し歩く。

ラニカイビーチの周辺は駐車場がないため、カイルアビーチパークの駐車場からトレイルの入り口まで15分ほど歩きます。水も持参必須。ミッドパシフィックCCの向かいに小さな看板が立っているだけの入り口を見逃さないように。トレイルに入ってすぐに、急勾配が待ち受けています。●382 Kaelepulu Dr, Aalapapa Drive, Kailua, Oahu, HI 96734-3312 ☎︎+1 808-261-2727

 
Photo:Mai Kise Text:Rio Hirai

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.