サクッと食べられるロコ流ファストフードから思い出に残るロマンティックディナーまで。バリエ豊富なハワイの “食” を気の向くままに!

マグロやタコ、カツオなどハワイ近海で捕れた魚介を醬油やゴマ油で和えたPOKE(ポケ)。名店5軒の人気メニューをご紹介。ごはんのお供にも、おつまみにも。ぜひ食べ比べを!

 

ロコが行列を作る
お惣菜の地元有名店

Alicia's Market

画像: 上・Masago Ahi Poke Bowl $8、下・White Crab Poke $7

上・Masago Ahi Poke Bowl $8、下・White Crab Poke $7

1949年に創業してから、長くローカルに愛されてきたお惣菜の名店。しっかりめの味付けのPOKEは、白いごはんにもぴったり。人気店だけあって、店の前の駐車場には常に車が止まっているので、車で行くなら注意しよう。

Alicia's Market(アリシアズ・マーケット)
267 Mokauea St., Honolulu
☎841-1921
営業時間:8:00~18:00
定休日:日
クレジットカード:可

 

港の隣の、レストラン併設
フィッシュマーケット

Nico’s Fish Market

画像: 左・Spicy Ahi $16.95、右・Au Deluxe Marlin $10.95

左・Spicy Ahi $16.95、右・Au Deluxe Marlin $10.95

マグロ漁の船がつく港の隣という立地を生かしてフレッシュな魚を使っているので、ここのPOKEがおいしくないわけがありません! 空港からのアクセスも良いエリアにあるので、まずここでPOKEを買ってホテルに向かうのも手。

Nico’s Fish Market(ニコス・フィッシュ・マーケット)
1129 North Nimitz Hwy., Honolulu
☎540-1377
営業時間:6:30~18:00、日10:00~16:00 ※ポケのオーダー9:00~18:00、日~16:00
定休日:なし
クレジットカード:可

 

日本人が親しみやすい
シンプルな醬油ベースが基本

Maguro Brothers

画像: 上・Mentaiko Ahi $10.25、下・Ume Shiso Ahi $10.77

上・Mentaiko Ahi $10.25、下・Ume Shiso Ahi $10.77

その名の通り日本人兄弟が営むこちらのアヒポケは絶品! というのもマグロを丸ごと仕入れ、ここで解体しているから。新鮮な魚を醬油ベースのタレにわさびやシソでシンプルに味付けした、いわゆる “づけ” に近い味わい。

Maguro Brothers(マグロ・ブラザーズ)
Kekaulike Market 1039 Kekaulike St., #113, Honolulu
☎259-7100
営業時間:9:00~15:00
定休日:日
クレジットカード:可

 

ピリ辛で濃いめ!
ローカルに愛される名店

Ono Seafood

画像: 上・Miso Tako $10、下・Shoyu Ahi $10

上・Miso Tako $10、下・Shoyu Ahi $10

どの時間に行っても客足が絶えない、言わずと知れたPOKEの有名店「Ono Seafood」。全体にピリ辛で濃いめの味付けが特徴。醬油ベースだけでなく、みそやわさび、スパイシーなど、味付けのバリエも豊富。ボウルの場合はジャスミンライスが付く。

Ono Seafood(オノ・シーフード)
747 Kapahulu Ave. Apt 4, Honolulu
☎732-4806
営業時間:9:00~18:00、日10:00~15:00
定休日:火
クレジットカード:可

 
 
▼前回の記事はコチラ!

 
※POKEは時価の場合が多く、取材時の参考価格になります。

●情報は、FRaU2017年12月号発売時点のものです。
Photo:Akira Kumagai , Mai Kise Text:Rio Hirai , Sachico Maeno Coordination:Kiyomi Furusawa

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.