“楽しく生きてる人でありたい” ——。子供の頃、漠然とそんなことを思っていた。大人になったら、何か特別なものになるのではなく、普通の生活を送りながら、いつも楽しそうに笑っている、そんな大人に憧れた。

 

女は30から。人間も30から。
きっと、“お楽しみ” はこれから!

「よく、“女は30から” なんていうけど、“人間は30から” なんだと思う。社会人として、“よちよち歩き” だった時期を過ぎて、最近やっと物事の分別がつくようになった感じ」

そう言いながら、彼女は穏やかに微笑んだ。
 

「 “女は楽しい!” って言い切れるほど、今の私は女であることを楽しんでない(苦笑)。でも、人生に、いろんな楽しみがあるのは男よりも女だと思う。これからはもっと、女を楽しみたいですね。もともと、女友達と過ごす時間が、すごく好きなんです。他愛もないおしゃべりの中に、いろんな発見があるから」

子供みたいに澄んだ声で笑ったり、自分の心にピッタリくる言葉を探すためにふと黙ったり。次々に表情を変えていく彼女の姿は、楽しく生きてる大人の女そのものだ。

 

PROFILE

長澤まさみ Masami Nagasawa
1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ受賞。女優として、数多くのドラマ・映画・舞台・CMなどで活躍中。2017年はミュージカル「キャバレー」、映画『SING/シング』『追憶』『銀魂』『散歩する侵略者』などに出演。UNDER ARMOURのCMなどが話題に。主演映画『噓を愛する女』が、2018年1月20日(土)より全国ロードショー。2019年には映画『マスカレード・ホテル』の公開が控えている。

 
●情報は、FRaU2018年1月号発売時点のものです。
Photo:Kazuyoshi Shimomura(UM) Styling:Miyuki Uesugi(3rd) Hair&Make-up:Yusuke Kawakita Text:Yoko Kikuchi

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.