『FRaU』本誌上で、毎号食に詳しい4名の著名人が今ハマっている料理、スイーツ、その他の3項目から紹介している「FRaU Foodies!」。ここでは、今イチオシの料理をピックアップ。創作うどんから、話題のレストランのひと皿まで、本誌の記事よりもコメント・情報増量でお届けします!
 

お話を伺ったのは……
モデル 市川紗椰さん
アートディレクター 秋山具義さん
『青家』『青家のとなり』 青山有紀さん
『サーモン&トラウト』オーナーシェフ 森枝幹さん

 

市川 紗椰さんのレコメンドフード!
一味玲玲 新橋本店の
「餃子」

画像: 5個¥800

5個¥800

「皮は手作りで、表面はカリカリ、中もっちり。ニンニクは入っておらず、五香粉の香りがふわりとするのが特徴的。しっかりした肉肉しさもたまりません。すべて焼き、蒸し、水を選べ、中でもパクチー豆鼓は毎回おかわりします。ラム、猪、鹿、雉の四川風ジビエ串もオススメ!」

中国の家庭料理を提供する人気店。現在都内で5店舗を展開し、こちらは15年前にオープン。看板メニューの餃子は、異なる具材を17種類用意しています。

一味玲玲 新橋本店
東京都港区新橋3-19-2 2F
☎03-3432-9073
営業時間:11:30〜14:00、16:00〜24:00、土16:00〜23:00
定休日:日

 

秋山 具義さんのレコメンドフード!
山下本気うどん 並木橋の
「カレボナーラうどん」

画像: ¥930(税込み)

¥930(税込み)

「日本のうどんに、インドのカレーとイタリアのカルボナーラ。このコラボレーションが新感覚の味を生み出しています。バターがコクを増しています」

目黒にある『山下本気うどん』の2号店として、10月4日にオープン。讃岐スタイルながら、コシはありつつも、もっちりとした食感に。ダシもイリコを少なめ、カツオ・昆布を多めにし、関東の人でも食べやすくしています。「カレボナーラ」は、“カレー”、“カルボ”、“かき混ぜて” の3つの味が楽しめる逸品です。

山下本気うどん 並木橋
東京都渋谷区渋谷3-15-8 並木橋ビル
☎03-3407-5771
営業時間:11:00〜23:00(LO22:30)、土・日・祝11:00〜22:00(LO21:30)
定休日:なし

 

青山 有紀さんのレコメンドフード!
CRISTAの
「ケイジャンリブアイ」

画像: 300g ¥5200(税込み)

300g ¥5200(税込み)

「お店オリジナル配合のスパイスで味付けされたステーキは、程よい辛みとしっかりとしたお肉の旨みが最高! お肉が食べたくなったらここに行きます」

アメリカンをベースにしたレストラン。山小屋のような雰囲気の店内はテーブル席、テラス席、バーカウンターを完備し、さまざまなシーンで利用できます。9種類のスパイスを一昼夜マリネして焼かれるステーキは、しっかりとした厚みがありながら柔らか。パンチのあるスパイシーさに、ハマること必至です。

CRISTA(クリスタ)
東京都渋谷区渋谷1-2-5
☎03-6418-0077
営業時間:11:30~14:00LO、17:30~22:00LO(バー/ラウンジ~24:30LO)、土10:00~22:00LO(バー/ラウンジ~24:30LO)、日・祝10:00~21:00LO(バー/ラウンジ~22:30LO)
定休日:なし

 

森枝 幹さんのレコメンドフード!
Kabiの
「鮒寿司リゾット」

画像: ¥1000(税込み)

¥1000(税込み)

「2017年11月26日、家具屋通りにできた新しいレストランです。発酵のテクニックを多用し、ナチュラルワインに合った味わい深い料理を提供しています。なかでも『鮒寿司のリゾット』は、複雑な味わいが好きな人ならハマっちゃうかも」

白金台のフレンチ『Tirpse』でスーシェフ、デンマークの1つ星レストラン『Kadeau』でシェフを歴任した安田翔平さんがオーナーシェフを務める、発酵をテーマにしたレストラン。まずは9000円のコースでご堪能あれ。

Kabi(カビ)
東京都目黒区目黒4-10-8
☎03-6451-2413
営業時間:18:00~21:00、または19:00〜22:00
定休日:火

 
Photo:Tatsuya Hamamura , Katsumi Murata Illustration:YUGO. Composition:Ken Namba

 
▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.