冒険でも、暴挙でも、挑戦でもない。56歳で裸の自分を写真集に残すことは、彼女にとっての “必然” だった。

24年前、“エロチシズムの巨匠” ヘルムート・ニュートンとのコラボレーションで、ヌードが100年先も残るアートであることを世に知らしめた彼女が、21世紀の今、肉体と内面に人生という名のアートを携え、ピーター・リンドバーグの前でそのすべてをさらけ出した。年齢を重ねることで、野性味は研ぎ澄まされ、知性は蓄えられ、そして磨かれ…… 。それぞれの写真は、人生を謳歌する大人の女性からの、まるで応援歌のようでもある。

 
▼前ページはコチラ!

 

ピーターの撮った写真からは
女性らしい野性と知性が感じられた

画像1: photo by Peter Lingbergh

photo by Peter Lingbergh

石田さんは、30代のときから常に、10年先、20年先の自分をイメージしていた。31歳での語学留学を皮切りに、それ以降、アイルランド、ロンドン、カナダ、ニューヨークと、半年ずつぐらい、いろんな場所に留学した。学ぶのは、主に英語と演劇。死ぬまで俳優業を続けるために、自己投資は怠らなかった。

「とはいえ40代の頃は、子供を産んで家庭を持つ夢も、微妙に諦めていなかったりして……(笑)。頭の中で勝手に、『石田えりさん、50歳で出産』というニュースが世間に広まることをイメージしていたんです。恋人もいないのに(笑)。でもそれは、所詮頭で考えていたことで、心の芯からの願いじゃなかったんでしょう。51歳になったときに、『これ、違ったな』って、すっぱり家庭願望は捨てました」

 
そうして、50代も半ばを迎えた頃、あるテレビコマーシャルが、石田さんの心を摑んだ。ライザップ。サーフィンをしたり、走ったり。週に2日はかならずワークアウトやスポーツに励んでいた石田さんだが、「痩せない」ことに頭を悩ませていた時期のことだった。見事に痩せていく有名人の姿を目にして、彼女は、一つの目標を掲げた。

「60歳になったら、ライザップに通って、痩せて、写真集を出そう!」

そう決めていた石田さんのもとに、ライザップから直々に、「ライザップでダイエットして、CMに出ませんか?」というオファーが来た。話が向こうから来たということは、チャレンジすべきなのは、60歳じゃなくて、今なのかもしれない。そう思った石田さんは、「やる! やります!」と即答した。

「でも、ただライザップでダイエットをするだけじゃなく、私にとっては、その後何をするかということが大切だったんです。ですから、あのCMは、今回のピーター・リンドバーグさんとの写真集のお話も含めて引き受けたものでした」

写真集の撮影は7月。50代に突入して以来、どんなにダイエットを頑張っても、“背中とお腹がぶよんぶよんしてた” 石田さんだったが、ライザップに通い始めた途端、ビックリするぐらい短期間で痩せたという。

「実際は、体重が落ちるようになるまでには、ある程度の時間がかかりました。でも、落ち始めるとドンドコ痩せた(笑)。あまりにスルスル痩せるから、これでも、途中で止めたんです。『これ以上痩せたくありません』と言って、撮影の1~2週間前ぐらいから羊羹とか食べて」
 

画像2: photo by Peter Lingbergh

photo by Peter Lingbergh

25年前、ヘルムート・ニュートンに撮られることにこだわった石田さんが、今回、撮影をピーター・リンドバーグに依頼したのには、理由がある。ファッションカメラマンとして第一線で活躍する彼の撮った一枚の女性のポートレートが、彼女の心を捉えたのだ。

「被写体の女性は40代後半から50代前半。顔は素っぴんっぽくて、何気ない表情と佇まいから、身体にも心にも贅肉がない感じが伝わってきたんです。キリッとしていて中性的で、どこか流浪の民のような野性味があるんだけど、大地に足がついていて、自分の欲求に素直なのに、突っ走ってもちゃんとブレーキをかけられる知性を持っている。バランスの取れた女性。私はその写真を観て、“こういう人になりたいなぁ” “こういう感じ、カッコいいなぁ” って思ったんです」

たった一枚の写真から、そんな人物像を読み解くとは、さすがは “大人の” 女優。野性と知性を兼ね備えた女性というのは、まさに現在の石田さんにも通じるものがある。もうひとつ、憧れの女性像として、石田さんは94歳のジョージア・オキーフのポートレートを挙げた。

「横顔なんですけど、あれは、ニューメキシコの自宅で撮ったのかな。顔はシワシワ、髪はキュッとまとめてて、白のブラウスに、白いシルクのスカーフを巻いて、Gジャンを羽織っている。その隣に、70代のときのオキーフの写真が並んでいたんですが、見比べると、70代の写真では、彼女はまだ出来上がっていない気がした。94歳の写真は、長いときを生きてきたその経験が、顔に刻まれていて、本当にカッコいいと思ったんです。こんなふうに、力強く、毅然と、年齢を重ねながら生きていけたら、って」

 
フランス、アルルの地で、21世紀の巨匠ピーター・リンドバーグは、石田さんのことを、親しみを込めて “ELLY” と呼び、2万回以上、シャッターを切った。

撮影終了後、石田さんがピーターに、「疲れた?」と声をかけた。「疲れていないよ」と彼は答えてから、通訳の耳元で小さな声で「彼女に恋しちゃった」と呟いたという。そのとき、石田さんはもうロケバスに乗り込もうとしていて、ピーターに背を向けていた。「恋しちゃった」というその少年のような純粋な言葉を、石田さんが直接耳にすることはなかった。

「優しいよね。彼は、ずっとずっと優しかった。あの南仏での日々は、キュンとするような、甘酸っぱい思い出しかない。もちろん恋とは違うけど(笑)。最後のカットを撮るときも、すごく静かだったことが、印象に残っています。でもとにかく、今回の写真集でも、自分のすべきことを確認できたのが、何より嬉しかった。私が辿り着く場所は、やっぱりここだったんだって、自分に証明できた気がする」

 
現在、石田さんは、海沿いの家に住んでいる。都心からは離れているけれど、建物と、そこからの眺めを見て、「ここに住みたい」と思った。住むところも、仕事も、“自分が生きるために必要なもの” とめぐり合うことができるのは、頭ではなく心で、そこに辿り着けることを強く願い、信じているからだ。

「恋? 全然してない!」とあっけらかんと笑ったり、「大切なのは友達!」と断言したり、自分流の野性と知性と品性を貫きながら、彼女は生きる。31歳の裸体と56歳の裸体。一枚の写真から読み解ける彼女の人間的魅力は、年齢を重ねてますます深まるばかりだ。

 

PROFILE

石田えり Eri Ishida
1960年11月9日生まれ。熊本県出身。中学3年生の夏に上京、多くのオーディションに挑戦するも、16歳まで100本近く連続で落ち、「これでダメなら熊本に帰る」という覚悟で挑んだ映画 『翼は心につけて』のオーディションに合格。骨肉腫に侵されるヒロインの役でデビューした(監督は黒澤明の愛弟子の堀川弘通)。1981年公開の映画『遠雷』(根岸吉太郎監督)で数々の賞を受賞。女優として映画、ドラマ、舞台と幅広く活躍、'93年にヘルムート・ニュートンが撮影したヌード写真集『罪 ―immorale―』が大きな話題に。30代より、女優業の合間に、たびたび海外へ語学留学、演劇修行などに出向く。ファションフォトグラファーとして'90年代にはスーパーモデルブームの火付け役とされ、72歳の現在も世界の第一線で活躍するピーター・リンドバーグがフランス・アルルで石田さんを撮影した写真集『56』¥8800/講談社 は、12月上旬に発売予定。

 
●情報は、FRaU2017年11月号発売時点のものです。
Text:Yoko Kikuchi photo by Peter Lingbergh

 
▼こちらの記事もチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.