日用品においての贅沢はとても幅が広い。テーブルウェアやバスグッズなどちょっとの奮発で手に入るものもあれば、最上級のクオリティを求め背伸びして手に入れる一生ものもある。でも買い物それ自体というよりも、何を手に入れるかあれこれ悩んだり、実際に使ってアイテムの良さを実感しながら過ごす時間こそが、じつは本当の贅沢なのである。

長く暮らしをともにできる日用品ならば、少しぐらい高くたって本当にいいものを手に入れたい。軽くて暖かくて肌触りがとびきり気持ちがいいブランケットなんてまさに、背伸びをしてでも贅沢してみる価値があるのではないだろうか。

 

HERMÈS

画像: イスに掛けた手織りブランケット¥319000(135×165cm)、床に置いたプレード¥226000(135×170cm)、クッション 各¥124000/エルメスジャポン(HERMÈS)

イスに掛けた手織りブランケット¥319000(135×165cm)、床に置いたプレード¥226000(135×170cm)、クッション 各¥124000/エルメスジャポン(HERMÈS)

“アール・ド・ヴィーヴル” と銘を打つ「エルメス」のホームコレクションにラインナップされた極上の肌触りのブランケットは、バリエーションが豊富でどれも家の中にさりげなく置いてあるだけでも絵になるようなものばかり。メゾンの頭文字である “H” を細かく配してマドラスに仕立てた新作ブランケットのモダンで爽やかな織り柄は、インテリアにも自然と馴染んですぐに愛着が持てそう。馬具をモチーフにしたまさに「エルメス」らしい絵柄も素敵だから選ぶのが悩ましい。

 

KVADRAT / RAF SIMONS

画像: スローケット¥47000(140×185cm)/リビング・モティーフ(KVADRAT / RAF SIMONS)

スローケット¥47000(140×185cm)/リビング・モティーフ(KVADRAT / RAF SIMONS)

デンマークの「クヴァドラ」が、ラフ・シモンズとともに立ち上げたハイエンドなインテリアテキスタイルコレクションにラインナップされたブランケットは、モードなアプローチが感じられるミニマルなデザインが新鮮。色バリエーションも豊富で、どれもソファやベッドに掛けたりとインテリアとしてマルチに活躍してくれる。

 

MARGARET HOWELL
HOUSEHOLD GOODS

画像: スローケット¥40000(90×185cm)/アングローバル(MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS)

スローケット¥40000(90×185cm)/アングローバル(MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS)

細番手のカシミヤの糸を先染めした発色のいいカラーリングが印象的で視覚的にも暖かいこのスローケットはとても薄くて軽い仕立て。幅が短めなので部屋での掛け物としてはもちろん、外出する際にショールのように羽織ることもできる、そのユーティリティーが高いサイズ感がうれしい。

 

Johnstons of Elgin

画像: ¥135000(140×190cm)/リーミルズ エージェンシー(Johnstons of Elgin)

¥135000(140×190cm)/リーミルズ エージェンシー(Johnstons of Elgin)

1797年にスコットランドで創業して以来、厳選した原毛から紡績、織りまでを一貫して自社生産する「ジョンストンズ」のカシミヤニットアイテムは、英国を代表するアイテムの一つ。その熟練の職人が作り上げるブランケットは、ふんわりとしたボリュームがありながらとても軽く、包まれているだけで幸せな気持ちになれる優しい肌触り。

 
 
▼こちらの記事もチェック!

 
●情報は、FRaU2018年1月号発売時点のものです。
Photographer:Naoki Seo Styling:Reiko Ogino Text:Yuichi Samejima Composition:Mayuko Kobayashi

This article is a sponsored article by
''.