日用品においての贅沢はとても幅が広い。テーブルウェアやバスグッズなどちょっとの奮発で手に入るものもあれば、最上級のクオリティを求め背伸びして手に入れる一生ものもある。でも買い物それ自体というよりも、何を手に入れるかあれこれ悩んだり、実際に使ってアイテムの良さを実感しながら過ごす時間こそが、じつは本当の贅沢なのである。

山や森で出会う木々や花の香り。海外を歩くとフッと香る街の匂い。香りに包まれれば、情景までもがフワッと頭に浮かんでくる。そんな自然素材から生まれた贅沢な香りものを集めました。

 

sanga

画像: 香木¥400、インセンス¥2480/トゥルーベリー広尾店(sanga)

香木¥400、インセンス¥2480/トゥルーベリー広尾店(sanga)

香木や生薬を基調に草木や鉱物などの自然物のみを独自に調香して日本伝統の線香を作る「山河」。香木やインセンスはどれも空気にスッと馴染むような優しい香りが特徴。

 

LISN VISIBLE

画像: インセンス 各¥900/リビング・モティーフ(LISN VISIBLE)

インセンス 各¥900/リビング・モティーフ(LISN VISIBLE)

京都の香の老舗が作るインセンスは雨上がりの夕日や夢の中などすべてにストーリーがあり、一度焚けばその情景や音までもが頭に浮かび上がる。そんな記憶に残る香り作りがおもしろい。

 

Hender Scheme

画像: ¥4500/スキマ(Hender Scheme)

¥4500/スキマ(Hender Scheme)

ユニークなアプローチでレザーにまつわる物作りの可能性を広げている「エンダースキーマ」のルームスプレーは、スモーキーなレザーの匂い。ブランドの世界観が香りでもしっかり堪能できる仕上がり。

 

ASTIER de VILLATTE

画像: インセンス¥5500、お香立て¥13000/エイチ・ピー・デコ(ASTIER de VILLATTE)

インセンス¥5500、お香立て¥13000/エイチ・ピー・デコ(ASTIER de VILLATTE)

ストックホルムやグラン・バートルなど街から起想して香り作りをしたこのお香は日本の淡路島で作られている。オリジナルのお香立てを使えばよりいい雰囲気に。

 

HIMARAYAN INCENSE LOPE

画像: 各¥1400/パピエラボ

各¥1400/パピエラボ

ネパールで手作りされているロープ状のお香は、サンダルウッドやシダーの素材を粉末にして香り付けした天然の匂いが魅力。本体に火を焚くことで濃厚な香りを楽しめるとともに、空気の浄化にも一役買ってくれる。

 

M tree

画像: ¥1200/プレイマウンテン(M tree)

¥1200/プレイマウンテン(M tree)

アメリカの先住民や南米で古代から魔除けとして使われていたパロサント(神の樹)という名の香木。油分を含む木に着火すれば甘く芳醇な香りが楽しめて、置いておくだけでも消臭や虫除け効果が期待できる。

 

CHET

画像: 各¥2500/ディアゲスト(CHET)

各¥2500/ディアゲスト(CHET)

着火することで香りが広がる紙香は、服のポケットや財布など身近なものに香りを忍ばせておけて便利。香りはスパイシーさと甘さが同居するアンデスと、涼しげな森をイメージした爽やかな香りのハバナの2種類。

 
▼前回の記事はコチラ!


●情報は、FRaU2018年1月号発売時点のものです。
Photographer:Naoki Seo Styling:Reiko Ogino Text:Yuichi Samejima Composition:Mayuko Kobayashi

This article is a sponsored article by
''.