長崎に来たのは『龍馬伝』以来、7年ぶりという蒼井さん。そのときは観光する余裕もほとんどなく、撮影の取材などで大浦天主堂を少し回ったくらいだったそう。けれどそもそもが福岡の出身。子どもの頃、家族旅行で長崎の街や五島列島は何度か訪れたことがあるそうだ。

「父方のルーツが五島列島だっていう話があって、島にあると言われていた祖父の実家を探す旅に出たことがあるんです。『入り江があって、入り江の向こうの友達を呼んだら声が聞こえたそう』くらいの話を頼りに、それらしいエリアを探して。道中、たまたま道を尋ねた人が、なんと親戚!で、意外とすぐに見つかったのでそんなに大冒険にはならなかったんですけどね(笑)。

昔は家族みんなで熊本や桜島など、九州はほぼ全部回ったんですが、大人になってからはあんまり行けてないですね。福岡に仕事で行ったときに地元に帰るくらいです。忙しくなればなるほど、旅行に行きたくなる傾向はありますけど、今回久しぶりに長崎に来て、やっぱり面白いなって思いました! 和華蘭文化と呼ばれる、日本・中国・オランダの文化が混ざってる感じがすごく分かったし、あと、初めて出島ってこれなんだ!って認識できたのも面白かったですし。車を運転するのが好きだから、次はレンタカーを借りてゆっくり訪れてみたいですね」

 

五島列島まで行かずとも
隠れキリシタンの教会に出会える

画像: トレンチコート¥89000、重ねたスカート¥49000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ドレス¥43000、足にしたアームウォーマー¥6000/エンフォルド パンプス¥12500/ケービーエフプラス ルミネ有楽町店(KBF+)

トレンチコート¥89000、重ねたスカート¥49000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ドレス¥43000、足にしたアームウォーマー¥6000/エンフォルド パンプス¥12500/ケービーエフプラス ルミネ有楽町店(KBF+)

神ノ島は昔、舟でしか行き来できない約1キロほどの小さな島だった。キリスト教が伝来し、その布教の中心となった長崎には、多数のキリシタンがいたが、徳川幕府が発布した禁教令によって厳しい弾圧を受けることとなった。キリシタンたちは、舟でしか行くことのできない神ノ島に隠れ信仰を守っていたそう。
 

画像1: 五島列島まで行かずとも 隠れキリシタンの教会に出会える

現在は陸続きとなりバスや車で訪れることができるので、五島列島まで行かずとも、その雰囲気を味わうことができる。
 

画像2: 五島列島まで行かずとも 隠れキリシタンの教会に出会える

船で長崎港へ入ると、玄関口で出迎えてくれる純白のマリア像。高さは4.6mと見上げるほどの大きさ。この岬は、昔から恵比寿神社のあった場所。マリア像は日本にキリスト教を伝えた聖フランシスコ・ザビエル渡来400周年を記念し建てられたものだそう。
 

画像3: 五島列島まで行かずとも 隠れキリシタンの教会に出会える

88段ある階段を上ったところにある真っ白な教会。空を見上げると無数のトンビが大きな羽を広げて旋回している。夕暮れ時、ここから遠くに見える岬のマリア像の後ろ姿はとても美しい。
 

画像4: 五島列島まで行かずとも 隠れキリシタンの教会に出会える

神ノ島教会
長崎県長崎市神ノ島町2-148
☎095-893-8763(NPO法人長崎巡礼センター)
拝観時間:8:00~17:00(拝観無料)
 
教会堂の内部は撮影禁止です。教会の下に専用の駐車場もあり。夕暮れ時に行くのもおすすめです。

 

PROFILE

蒼井優 Yu Aoi
1985年福岡県生まれ。2001年、岩井俊二監督『リリイ・シュシュのすべて』にてヒロインに抜擢され、スクリーンデビュー。2010年放送のNHK大河ドラマ『龍馬伝』では、長崎編にて隠れキリシタンの芸者・お元役を演じる。現在、新国立劇場 小劇場にて、フランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品「アンチゴーヌ」に舞台出演中(1月27日まで。以後、松本、京都、豊橋、北九州で順次公演)。

 
●情報は、FRaU2018年2月号発売時点のものです。
Photos:Norio Kidera Photoretouch:Yosuke Mochizuki(tecono) Hair&Make-up:Taeko Kusaba Styling:Arisa Tabata Composition:Mayuko Kobayashi

 
▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.