撮影中の彼女は、そこにいる誰もが、息をのむほどに美しかった。笑うときも、黙るときも、ただ自然にそこにいるだけなのに。呼吸して、見つめて、目を閉じて、ときに無になる。心の内で何が起こっているかはわからない。でも、撮影を楽しんでいることだけは、よくわかった。

きっと彼女の “キレイのもと” は、その心の持ちようにある。そんな気がして、自分語りが苦手だと話す長澤さんに、仕事について、結婚について、子供時代のこと、大人になるということについて等々……様々な質問をぶつけた。そうして、彼女らしい、あったかくてキラキラした母性の欠片に出会った。関わった人に対しては、つい家族のような愛情を注ぎたくなる―― 。そんな、彼女の人としての温かさに触れた。

 

自分じゃない人間を演じるのが
仕事だったら、自分のことなんか
わからないままでいい

画像: ジャケット¥315000、パンツ¥110000、シューズ¥130000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)

ジャケット¥315000、パンツ¥110000、シューズ¥130000/セリーヌ ジャパン(セリーヌ)

自分について語ることが、あまり得意ではないという。

「10代の頃はとくに、取材されるのが苦手で、インタビュアーさんをいつも困らせていました。何か質問されると、つい長い間考え込んで、黙っちゃったりして……(苦笑) 

「長澤さんは、どういう性格ですか?」と訊かれたときなどは、とりわけ困惑しました。自分の性格を把握したいと思ったこともないし、10代の考えなんて、日々の気分でコロコロ変わるし、『わかんないなぁ』と思いながらも無理矢理何かを答えたり、取材を受けること自体何かの宣伝を兼ねていることが多いので、その時の役の感情で答えていたりして、出来上がったインタビュー記事を読むと、『この答え、やっぱり違った』などと反省することはしょっちゅうですね。

メディアから流れてくる自分の言葉を聴いたり読んだり、そのときの表情を自分の目で確かめたりしながら、『私ってどういう性格なんだろう?』ってますますわからなくなってしまうことが、よくありました」

と、一瞬寂しげな表情をしたかと思うと、次の瞬間には口角を上げて微笑みながらこう続けた。静かな、澄んだ声だった。

「私、人からどう思われようと、どう見られようと、実はどうでもいいんです。俳優という仕事をやっていく上では、本人がどういう性格であるか、どういう人間であるかは関係ないと思うから。これが、俳優じゃなくて自分自身で勝負しなくてはいけないのだとしたら、自分を確立しなくちゃいけないし、守るべきイメージも生まれてしまう。それはきっと、大変なことだろうなと思うし、それはそれでまた凄いことだなと思います。私は、私自身の性格がどういうものなのか、大勢の人に知ってもらいたいと思ったことは、実は一度もなくて……。私にもわからないんだから、きっと誰にもわからないだろうし、自分とは違うキャラクターを演じていくのが俳優なので、だったら自分のことなんてわからないままでもいい。そんなふうに思っています」

話しているときは、冷たくもなく熱くもなく。独特の穏やかな雰囲気を湛えた人である。ややもすると、ぶっきらぼうにも、投げやりにもとれるこんな発言も、彼女の声のトーンやリズムが、言葉の奥に深い誠意と真摯さを滲ませる。それが撮影であってもインタビューであっても、物事に対峙する姿勢が、キリッと真っすぐで、余計な企みや邪心のようなものが感じられない。まとっている空気そのものがキレイなのだ。

 

NEXT≫「“やっと30代だ! イエーィ!” みたいな(笑)」

This article is a sponsored article by
''.