国内外から注目が集まる九州きっての湯けむりスポット・黒川温泉。7種類もの泉質が揃うここはどんな美容のお悩みにもアプローチできる、いわば天然のエステサロン。さあ、大地が育んだ美容液をチャージしに黒川へ。

立ち湯とは、身長に近いほど深い浴槽に立ったまま浸る入浴法。水圧によるマッサージ効果を享受できるので腰回りの血行が良くなり、ウエストの引き締めや腰痛に効くとじわじわブレイク中。

 

立ち湯の入り方

1.
背筋を伸ばして腰回りの血流をアップ

画像: 1. 背筋を伸ばして腰回りの血流をアップ

 
2.
水中で静かに脚を動かすのも
全身の廻り改善に◎

画像: 2. 水中で静かに脚を動かすのも 全身の廻り改善に◎

 

“水圧マッサージ” と加温効果で
たっぷり汗をかいてデトックス

こうの湯「立ち湯」

画像: 梁はりから吊り下げられたバーは、つかまって体を支えるためのもの。深い湯船にボディを沈めると、途端に体がふわふわと軽くなるような浮遊感が! こちらはこうの湯の女性用の「立ち湯」。

梁はりから吊り下げられたバーは、つかまって体を支えるためのもの。深い湯船にボディを沈めると、途端に体がふわふわと軽くなるような浮遊感が! こちらはこうの湯の女性用の「立ち湯」。

男性用は水深162㎝と、日本一深い立ち湯を有することで知られる。女性用は135㎝で、ちょうど顎先までお湯に浸かるくらいの深さ。

画像: “塩のお湯” で発汗して体に溜まった老廃物を排出!

“塩のお湯” で発汗して体に溜まった老廃物を排出!

湯には塩化物が含まれているため、発汗効果もバツグン。水圧のマッサージ作用と塩化物との相乗作用で、冷え性や神経痛、慢性的な消化器系のトラブルなども改善されやすくなるのだとか。もちろんデトックス効果も望める! 全客室に露天風呂があるので、宿泊して部屋のお風呂と共に楽しむのも一興。

こうの湯
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6784
☎0967-48-8700
利用形態:源泉かけ流し
泉質:ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・塩化物泉
立ち寄り入浴料:¥600(税込み)
宿泊料金:1泊2食¥20000~

 

満天の星空を鑑賞しながら
下半身のむくみをシェイプ!

いやしの里 樹やしき「立ち湯」

画像: いやしの里 樹やしき「立ち湯」

高台の隠れ家宿に泊まって、じっくり入浴を楽しみたい人には樹やしきの「立ち湯」がベストチョイス。女性が利用できるのは夜で宿泊客のみの特権だが、そのぶん腰を据えて堪能できる。

お湯は硫黄を帯びていていかにも温泉らしい香り。毛細血管を広げ、全身の巡りを整える作用も望めるため、下半身のむくみが気になっている人やシェイプアップをしたい人にはうってつけだ。大浴場や桶湯と同じ敷地内にあるから、趣向の異なる湯を効率よくホッピングできる。

いやしの里 樹やしき
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6403-1
☎0967-44-0326
利用形態:源泉かけ流し
泉質:硫黄泉
立ち寄り入浴料:¥500(税込み)
宿泊料金:1泊2食¥14190~(税込み)※立ち寄り入浴で立ち湯に入れるのは男性のみ

 

エクササイズ気分で楽しみたい
さらりと軽い名湯

いこい旅館「立ち湯」

画像: いこい旅館「立ち湯」

立ち湯というとコンパクトな施設が多いなか、開放感ある岩風呂仕様で目も喜ばせてくれるのがここ! 竹のバーを支えにして全身をドボンと沈めれば、包み込んでくれるのは弱酸性のサラリとした湯。

浮力で体が軽くなるのを楽しみながら湯に肢体を預けていると、短時間でも下半身から温まり、腰回りがスッとラクになるような実感が。pH値が肌と近い泉質のため、肌が揺らいでいるときでもトライしやすいのも嬉しい。「日本の名湯秘湯百選」に選ばれたことも。

いこい旅館
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6784
☎0967-48-8700
利用形態:源泉かけ流し 
泉質:ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉・硫酸塩泉・塩化物泉
立ち寄り入浴料:¥600(税込み)
宿泊料金:1泊2食¥20000~

 
 
▼前回の記事はコチラ!

 
※情報は2017年12月現在のもので、温泉の泉質も含めて変更になる場合があります。
宿泊料金は1室2名利用時の1名料金で、特記がない限りサービス料込み・消費税・入湯税別です。

Photo:Mai Kise Text:Chihiro Horie Composition:Shiho Kodama Illustration:Yu Fukagawa
取材協力・温泉監修:おるとくまもと、温泉エッセイスト/跡見学園女子大学非常勤講師・山崎まゆみさん、温泉カメラマン・杉本圭さん、温泉ビューティ研究家・石井宏子さん、くまきゅー、黒川温泉観光旅館協同組合

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.