九州・福岡の魅力は美味しい食べものだけじゃない。伝統ある小石原焼の器や、グッドデザインの掃除道具に注目のスニーカー。九州はもちろん世界中から個性が集まる福岡に、暮らしを彩る道具を見つけに行こう。

ファッションはもちろん、ライフスタイルにおいてもセンスと知識があふれる佐田真由美さん。彼女ならきっと、楽しんでくれるだろうと誘った、暮らしの道具を巡る旅。訪れる店ごとに買い物を楽しみ、自身の暮らしに丁寧にマッチする物を丁寧に選ぶ。そして真剣に、穏やかに店主の話を聞く場面をたくさん見た。スタイルのある佐田さんが惚れた “モノ” とは? さあ、彼女が歩いた旅路をたどろう!

 

日常が変わる自分だけの
フレームを手に入れて

hanatolife

画像: hanatolife

糸島の海沿いにポツンと佇む白い一軒家。ここは、フレームのある暮らしをテーマに、6年前に古民家をリノベーションしてオープンした「hanatolife」。2階は奥様が営業するワンゲスト制の美容室で、穏やかな海を目の前にした贅沢なロケーションは地元の人からも愛される。

「なんでもない壁に額が一つあるだけで空気が変わる。日本では額に馴染みがない人も多いですが、フレームは日常に取り入れるとぐっと豊かになるので、ぜひみなさんに手に取って頂きたいですね」と話すご主人の石川さん。このお店をきっかけに、額のある暮らしを始めてみない?
 

画像: 小フレーム¥2000~。

小フレーム¥2000~。

店内にあるものはサンプルで基本はオーダー制。奥には工房があり、フレームはすべてハンドメイド。900種以上のサンプルのなかから額を選びオーダーすると2~3週間で手元に。他にも、額に触れるきっかけとしてオーナー自身も使用している服や雑貨、またタイミングによっては、植物や古い版画などをセットにした小さな額も販売中。

hanatolife
福岡県糸島市二丈浜窪390-2
☎092-325-1915
営業時間:10:00~18:00
定休日:月、第2日

 

心をほっと和ます手作りオブジェ

四月の魚

画像: 町並みにとけ込んだお店は大きなブルーの玄関が目印。まるで、知り合いの家に遊びに来たかのような、ゆったりとした穏やかな気持ちに。

町並みにとけ込んだお店は大きなブルーの玄関が目印。まるで、知り合いの家に遊びに来たかのような、ゆったりとした穏やかな気持ちに。

もとは歯科医院として使われていた一軒家に店を構える「四月の魚」。ここでのお目当ては、「シンプルで素朴なモノが好きなんです」と話す店主の関さんがつくる繊細な針金細工。
 

画像: 関さんが手作りした針金細工(¥3900)。こちらはサーカスがモチーフ。可愛らしいものから独創的なデザインまでいくつもの作品が飾られている。

関さんが手作りした針金細工(¥3900)。こちらはサーカスがモチーフ。可愛らしいものから独創的なデザインまでいくつもの作品が飾られている。

たった2本のペンチで器用に曲げて仕上げていく様には思わず見惚れる。華奢な存在感が窓辺など部屋のコーナーを可愛く演出するはず。
 

画像: 窓から日が射し込み、気持ちのいい空間が、商品の魅力を一層際立たせる。

窓から日が射し込み、気持ちのいい空間が、商品の魅力を一層際立たせる。

他には地元、吉井の杉工場で作ってもらっている鍋敷きや箸置き(¥324)などがラインナップ。柔らかい陽が射し込む中、並べられた商品を見ながらゆったりとした時間を楽しんで。
 

四月の魚
福岡県うきは市吉井町1133-5
☎0943-75-5501
営業時間:11:00~18:00
定休日:第1水、木(祝日の場合は営業)

 
 
▼前回の記事はコチラ!

 
衣装:[hanatolife]コート¥69000(H/standard×Mayumi Sada)/アッシュ・スタンダード二子玉川ライズ店(アッシュ・スタンダード) プリントワンピース¥65000/ハルミショールーム(AKIRA NAKA) 右手リング¥68000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ),[四月の魚]ニット¥53000/アレキサンダー ワン(ティー バイ アレキサンダー ワン) カットソー¥13000/ラグ&ボーン 表参道(ラグ&ボーン/JEAN) スカーフ¥20000/三喜商事(ハイダー アッカーマン) ネックレス¥118000、左手中指・薬指リング¥78000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) 右手中指リング¥25000、パール¥68000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ) パンツ、シューズ/モデル私物 バングル/スタイリスト私物

●情報は、FRaU2018年2月号発売時点のものです。
Model:Mayumi Sada Photo:Yuji Takeuchi(BALLPARK) Styling:Kei Shirahata(LOVABLE) Hair&Make-up:Eiko Sato(ilumini) Text:Nirai Ikeshiro Composition:Yuki Miyahara Special thanks:Madoka Anegawa

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.