佐賀県の唐津は、歴史ある海沿いの街。伝統ある建築物や唐津焼の窯元めぐりに呼子港のとれたて鮮魚。古きをたずねて、新しきを知る。そんな大人の旅が始まる。

唐津駅からほど近い商店街の中に、江戸時代、唐津城の藩主に豆腐を献上していた歴史をもつ寛政年間創業の店がある。ざる豆腐発祥の店としても知られる老舗「川島豆腐店」だ。まろやかな大豆のコクと豊かな風味がしっかりと生きた温かいざる豆腐を味わいたい人は、ぜひ予約して朝8時に隣接する料理店「豆腐料理 かわしま」へ足を運んで。できたてほやほやの濃厚な豆腐を朝から食せる、まさに贅沢な時間が待っている。

 

国産大豆の味をぎゅっと凝縮した
お豆腐という料理

川島豆腐店

画像: 朝・昼の豆腐料理の一部。おから炒りと揚げたての厚揚げ。基本のコースはこちらに豆乳、ざる豆腐、みそ汁、うずみ豆腐、香の物、デザートがついて¥1500。焼き魚、刺身をそれぞれ¥500でプラスすることができる。

朝・昼の豆腐料理の一部。おから炒りと揚げたての厚揚げ。基本のコースはこちらに豆乳、ざる豆腐、みそ汁、うずみ豆腐、香の物、デザートがついて¥1500。焼き魚、刺身をそれぞれ¥500でプラスすることができる。

「朝食を食べられる店を作るなら器を作るよ」という「隆太窯」の中里隆さんとの会話がきっかけでできたのがこちらのお店だという。
 

画像: 笑顔が素敵な川島さん。

笑顔が素敵な川島さん。

「水にさらすと豆の味が抜けちゃうんです。水を切ったほうが豆腐本来の味が残る」と話すのは、代表の川島義政さん。選りすぐった国産大豆と良質な水を使い、素材の旨みを閉じこめたざる豆腐は、まずは何もつけずにいただいて。
 

画像: できたてのざる豆腐は中里隆さんの器でいただく。

できたてのざる豆腐は中里隆さんの器でいただく。

二口目は、塩とブラックペッパーとオリーブオイルをお好みで。朝・昼は義政さん考案の創作豆腐料理を、夜は息子の広史さんによる会席料理を提供する。豆腐料理を引き立てる唐津焼もおいしい空間の名脇役だ。
 

オリジナル豆乳も美味しい!

川島豆腐店/豆腐料理 かわしま
佐賀県唐津市京町1775
☎0955-72-2423 ※17時以降は080-1764-6664
営業時間:朝8:00・10:00、昼12:00・14:00、夜17:30~22:00(LO21:00)
定休日:日

 
 
▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年2月号発売時点のものです。
Photo:Manami Takahashi Text:Tomoko Ogawa

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.