ハイトレンドを自分流に楽しむのはお手のもの。でもスキンケアとなると自信がない。ちょうど肌の曲がり角を迎えるアラサーファッショニスタが今、本当に必要としているお手入れ&コスメを山本未奈子さんがアドバイス。

 

MINAKO’s SKINCARE BAR vol.11

画像: MINAKO’s SKINCARE BAR vol.11

Skincare Bar Master
山本未奈子 Minako Yamamoto
美容家。MNC New York Inc.代表取締役。NY州認定ビューティセラピスト、英国ITEC認定国際ビューティスペシャリスト。確かな肌理論と知識に基づく提案に定評のあるお手入れマイスター。Instagram:@minako_yamamoto

 

今回の迷えるFASHIONISTAは……

歯科医
加藤ジュンコさん
26歳。インスタにアップするインテリアやライフスタイルが話題になり、モデルとしても活躍。現在は、歯科医として働く。透けるような美肌と美貌、抜群のスタイルで人気を博し、そのファッションセンスは常に注目の的。Instagram:@_katojun_

画像: 今回の迷えるFASHIONISTAは……

肌タイプ:基本は揺らぎにくい健康肌
高濃度のビタミンCサプリをこまめに摂取しだしてからは、随分改善したけど、それでも上京してから何かと不調を感じがち。「いろいろ使うのが向かない気がして、プチプラマスクをしてから、乾燥、肌荒れ対応のクリームだけ塗ってます」

 

JUNKOさんのお悩み:
環境が変わってから、
乾燥、シミ、小ジワが
気になりだしました……

未奈子さん 仕事も忙しそうだけど、どんなお手入れをしているの?

ジュンコさん 高濃度のビタミンCサプリは飲んでますが、スキンケアは超シンプル。

未奈子さん なら、5年後、10年後を見据えてそろそろ底上げする抗酸化ケアをしなくては!

ジュンコさん でも、ビタミンCや抗酸化成分って肌に塗っても効かないと聞きますが……。

 
〈未奈子さんのアドバイス〉

今は肌の中に届いて効くように設計されているから、外からのケアもぜひ!

 

今夜のお客様に
ぴったりのコスメは……

DIOR
カプチュール ユース グロウ ブースター

「疲れたときに助けになるビタミンCがたっぷり。肌の奥まで壊れることなく届きます」みずみずしい美容液には、ビタミンCを豊富に含むカカドゥ プラムがイン。ストレスや疲れの影響をケアし、肌に速やかにエネルギーを注入。つやめく肌に。

 
DIOR
カプチュール ユース クリーム

「美容液と合わせて使うと相乗効果が期待できる抗酸化力の高いクリーム」 肌にサラッとなじんで肌が持つ抗酸化システムを正しくコントロール。肌老化に対する抵抗力を高めて、エイジングを未然に防ぐ。

画像: (左)30ml ¥11500、(右)50ml ¥11500 /パルファン・クリスチャン・ディオール

(左)30ml ¥11500、(右)50ml ¥11500 /パルファン・クリスチャン・ディオール

仕事の都合で環境が変わって、とのことですが、これからもっと仕事は忙しくなるし、ストレスは増える一方。活性酸素が発生して肌細胞を攻撃し、ジワジワ老化が始まると同時に30歳頃をピークに女性ホルモンは減少。すると、それまでケアをしてきたかどうかで水分量や肌弾力に目に見える差が出てきます。

でも、まだ大丈夫。今から抗酸化ケアをしておけば、今の状態を保ててエイジングサインの出現を遅らせられるんです。加藤さんはインナーケアはきちんとできているので、最新のコスメを取り入れて、肌の外側からも土台を強くして備えましょう。

 

実際に使ってみての感想は?

グロウ ブースターはみずみずしくて肌に吸い付くように瞬時に浸透し、なじませたところから肌質が変わるよう。クリームを塗ってしばらく経つと肌がピンとして、キメまで細かくなるみたい。

 
●情報は、FRaU2018年2月号発売時点のものです。 
Photo:Reiko Tohyama(still,Junko) Composition:Hiromi Narasaki

 

▼前回の記事はコチラ!

This article is a sponsored article by
''.