国内外から注目が集まる九州きっての湯けむりスポット・黒川温泉。7種類もの泉質が揃うここはどんな美容のお悩みにもアプローチできる、いわば天然のエステサロン。さあ、大地が育んだ美容液をチャージしに黒川へ。

阿蘇の大自然に抱かれた黒川温泉の中心街からほんの少し離れれば、自然が織りなす絶景を満喫できる湯も点在する。山の上に立つ、心まで浄化できそうな2軒をピックアップ!

 

リアル・プラネタリウム体験が叶う
丘の上の別天地!

三愛高原ホテル「露天風呂」

画像: 三愛高原ホテル「露天風呂」

標高920mある瀬の本高原の丘の上、その温泉は空へと突き出すように佇んでいる。空気が澄んでいる冬場は満天の星空を愛でる絶好のチャンス! 

絵に描いたようなコンペイトウ形やキラキラと瞬く儚げなもの……星たちが繰り広げるスペクタクルを湯船から堪能するひと時は、非日常そのもの。雑念が取り払われ、心がスーッと軽やかになっていくような、解き放たれた心持ちになれる。阿蘇五岳の山並みを見渡せる日中の入浴もまた魅力的。 

三愛高原ホテル
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5644
☎0967-44-0121 
利用形態:源泉かけ流し 
泉質:弱アルカリ性単純泉 
立ち寄り入浴料:¥500(税込み) 
宿泊料金:1泊2食¥13500~

 

パノラミックに広がりを見せる
阿蘇の山景を独り占め

月洸樹「天空の露天風呂」

画像: 月洸樹「天空の露天風呂」

2016年にオープンした新星、月洸樹は山中にひっそりと佇む隠れ家。4500坪の敷地内の特に小高い丘の上に「天空の露天風呂」は鎮座している。四方の景色を満喫できるよう設計された八角形の湯船からは、阿蘇の外輪山をはじめとする九州ならではの雄大な山景が見渡せる。

冬は積雪することも頻繁にあるので、湯に浸かりながら白銀の世界を眺められる可能性も! 宿泊客だけが利用できる貸し切りの湯のため、プライベート感も満点。

月洸樹
熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6777-2 
☎0967-44-1717 
利用形態:源泉掛け流し 
泉質:弱アルカリ性単純泉 
立ち寄り入浴は不可 
宿泊料金:1泊2食¥54000~

 

▼前回の記事はコチラ!

 
※情報は2017年12月現在のもので、温泉の泉質も含めて変更になる場合があります。
宿泊料金は1室2名利用時の1名料金で、特記がない限りサービス料込み・消費税・入湯税別です。

Photo:Mai Kise Text:Chihiro Horie Composition:Shiho Kodama Illustration:Yu Fukagawa
取材協力・温泉監修:おるとくまもと、温泉エッセイスト/跡見学園女子大学非常勤講師・山崎まゆみさん、温泉カメラマン・杉本圭さん、温泉ビューティ研究家・石井宏子さん、くまきゅー、黒川温泉観光旅館協同組合

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.