店に飛び交う「とりかわ10本!」の声に、「10本も!?」と驚くかもしれないけれど、食べたら納得すること間違いなし。つい手が止まらなくなるから、1人で10本、20本は当たり前!

やきとりの「皮」の概念をくつがえす博多オリジナルの「とりかわ」は、首肉を串に巻きつけて、タレにつけて焼く工程を数日間繰り返し脂を落としたもの。「皮」が苦手という人でもこれなら食べられるという逸品です。

 

とりかわ発祥の店で
福岡やきとりの真髄を堪能!

権兵衛館 大名

創業1986年より看板メニューであり続けるとりかわは驚くほどジューシー。こちらでしか食せない皮の部位「ゴンジー」もクセになる食感。黒千代香で提供される焼酎のお湯割りとともに楽しみたい。成功いなりは手土産にぜひ。
 

権兵衛館 大名
福岡県福岡市中央区大名2-1-43 東洋マンション1F
☎092-714-2296
営業時間:17:00~23:00(LO22:30)
定休日:日
カード:不可

 

手間暇かけて仕上げられたとりかわは
外はパリパリ、中はモチモチ

かわ屋 警固店

とりかわは6日間かけて仕込む。焼くのと冷ますのを繰り返すことで余分な脂が落ち、バターのような旨みたっぷりでモチッとした食感に。出す直前に7回目の焼きを入れ香ばしく仕上げる。しぎ焼きは、わさび醬油でさっぱりと。
 

かわ屋 警固店
福岡県福岡市中央区警固2-16-10 吉武ビル1F
☎092-741-4567
営業時間:17:00~24:00
定休日:なし
カード:可

 

若き大将が焼き上げるとりかわを肴に
サンバのリズムのように
陽気な時間を

皮焼焼鳥 サンバ

「かわ屋」出身の大将が、4年前にオープン。6日間かけて仕込んだとりかわのおいしさはもちろん、ネギを豚バラで巻いてじっくり蒸し焼きにした白ネギのバラ巻き(¥250)やシメのスープめしなどのオリジナルメニューも充実。
 

皮焼焼鳥 サンバ
福岡県福岡市中央区薬院4-18-9 サンセーヌ浄水1F
☎092-524-9201
営業時間:17:00~翌1:00(LO24:00)
定休日:日
カード:不可

 

▼前回の記事はコチラ!

  
●情報は、FRaU2018年2月号発売時点のものです。
Gourmet Supervisor:Bunpei Yuge、Yuichiro Yamada(KIJI) Photo:Sakura Takeuchi , Ryoko Kawahara Text:Rio Hirai , Yusuke Oshima Cover Photo:Mamoru Ichikawa

This article is a sponsored article by
''.