キャンピングカーでカルフォルニアの大自然をめぐるアウトドアTRIP。最終回のレポートは、エアー(飛行機)のお話です。すべての旅程を終え名残惜しさで胸が詰まりそうになりながら、サンフランシスコ国際空港へと戻ってまいりました。しばらく森や林の中に籠っていたせいか、つい1週間前に同じ場所にいたはずなのに懐かしさがこみ上げてきます。

 
▼前回の記事はコチラ!

 

フライト時間までは
ユナイテッド・クラブで
優雅に過ごして

画像1: フライト時間までは ユナイテッド・クラブで 優雅に過ごして

今回のフライトはアメリカの大手航空会社ユナイテッド航空のサンフランシスコ直行便。フライトの時間がくるまで、新ビシネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」をチョイスすると利用できるユナイテッド航空専用のユナイテッド・クラブで過ごすことに。
 

ユナイテッド・クラブではパン、フルーツ、シリアル、カップケーキ、ナッツなどのヘルシーな軽食やおやつ、ジュースやコーヒーなどのドリンク類を自由にいただけます。BARが併設されているので、アルコールも無料で楽しむことが可能です。
 

画像2: フライト時間までは ユナイテッド・クラブで 優雅に過ごして

せっかくなので、飛行機を見ながら自分が好きに盛り付けたフードをいただきました。こうしてラウンジでリラックスして過ごせば、空港での待ち時間も旅を彩る重要なアトラクションになりうるのですね。
 

画像3: フライト時間までは ユナイテッド・クラブで 優雅に過ごして

 

新ビジネスクラス
「ユナイテッド・ポラリス」で
とことん快眠飛行

画像1: 新ビジネスクラス 「ユナイテッド・ポラリス」で とことん快眠飛行

2016年にデビューしたユナイテッド航空の長距離国際線向けビジネスクラス「ユナイテッド・ポラリス」は、「快適な睡眠」をとにもかくにも重視。1万2000時間以上に及ぶ調査の結果判明した、お客さんが長距離フライトに最も求める項目「睡眠」を、とことん追求しています。

2017年に東京/成田~サンフランシスコ、および成田―ニューヨーク路線に導入された新型機B777-300ERには、「ユナイテッド・ポラリス」オリジナルシートが搭載されています。

それぞれのシートが独立して、通路にアクセスが可能で、パーソナルスペースがきちんと確保されたシートに座ると、すぐにウェルカムシャンパンとチョコレートで出迎えてもらえます。

こだわりの機内食&アルコールサービスや、シートに設置された映画見放題のエンターテイメントスクリーンは快適。イギリスの自然派スパ製品ブランド「COWSHED」で揃えたアメニティ、そして米大手デパート、サックス・フィフス・アベニュー特製の眠気を誘うふっくらとした大きな枕や羽毛布団、ブランケット、クッションマットレスといったアイテムのおかげでカリフォルニア旅を心地よい “爆睡” で締めくくることができました!
 

画像2: 新ビジネスクラス 「ユナイテッド・ポラリス」で とことん快眠飛行

ちなみに、2018年中には「ユナイテッド・ポラリス」専用の空港ラウンジ がサンフランシスコ国際空港にもオープンする予定だそう。特注の椅子や仮眠できるプライベート・デイベッド、スパのようなシャワー設備を完備しているほか、まるでブティックレストランのような温かい食事やプレミアムなドリンクもを楽しむことができるなど、アメリカへの空の旅がこれからもっと充実しそうです。
 

フライト中に瞼を閉じれば、今回訪れたマウントシャスタや、バーニーフォールズなどのドラマティックな大自然が浮かんできたのでした……。忘れられない旅を、ありがとう!
 

画像3: 新ビジネスクラス 「ユナイテッド・ポラリス」で とことん快眠飛行

取材協力:
カリフォルニア観光局
ユナイテッド航空

 
Text&Photo/Riyua Joe(mogShore)

This article is a sponsored article by
''.