春は目覚めの季節。寒い冬の間、体に溜め込んだ老廃物を春野菜で、びしっと活を入れて代謝を活性させるべし。「良薬、口に苦し」とはいうけれど、せっかくだからおいしく食べる方法をウーさんに教わりましょう。

 
◆ウー・ウェンさんの料理哲学
「寒い季節は羊肉で体を温める」とは?

 

菜の花の春巻き

かじると香りがふわっと広がる

画像: かじると香りがふわっと広がる

◆材料(2~3人分)

菜の花 ………1把
春巻きの皮 …6枚
粗塩 ………… 小さじ1/4
こしょう …… 少々

(A)
小麦粉 … 大さじ1
水 ……… 大さじ1

揚げ油 … 適量

 
◆作り方

1. 菜の花はざるにのせ、熱湯をかけて水けを絞り、5mm幅に切る。粗塩とこしょうで味をつける。

2. 春巻きの皮でを等分に包み、をまぜたのりで縁をとめる。

画像: ◆作り方

 
3. 180度に熱した揚げ油で色づくまで揚げる。
 

MEMO
菜の花は細かく切っておかないと、食べづらい。巻くときは、巻き終わりの縁だけでなく、左右をたたんだ縁にものりを塗っておくと、きれいな形に巻き上がる。

 

▼こちらの記事もチェック!

 

PROFILE

ウー・ウェン
中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。『ウー・ウェンの家庭料理8つの基本』(文藝春秋社)が好評発売中。http://www.cookingsalon.jp

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo : Keiichirou Muraguchi Styling : Misa Nishizaki Composition : Shiori Fujii

This article is a sponsored article by
''.