春は目覚めの季節。寒い冬の間、体に溜め込んだ老廃物を春野菜で、びしっと活を入れて代謝を活性させるべし。「良薬、口に苦し」とはいうけれど、せっかくだからおいしく食べる方法をウーさんに教わりましょう。

 
◆ウー・ウェンさんの料理哲学
「苦みのある春野菜で新陳代謝を促す」とは?

 

セリのスープ

春に必要な水分補給にも効果的

画像: 春に必要な水分補給にも効果的

◆材料(2~3人分)

セリ …………1把
絹ごし豆腐 …1丁
水 ……………4カップ
しらす ……… 20g
酒 …………… 大さじ1
片栗粉 ……… 大さじ1
こしょう …… 少々
ごま油 ……… 大さじ1

 
◆作り方

1. セリは根をたわしでよく洗い、3cm長さに切る。

画像: ◆作り方

 
2. 鍋に4等分にした絹ごし豆腐と水を入れて火にかけ、煮たったら弱火にし、フタをして3分煮る。

3. にセリを加えてさっと煮、しらす、酒を加える。

4. 片栗粉を大さじ2(分量外)の水で溶いて加え、とろみがついたらすぐに火を止める。こしょうとごま油をかけて香りをつける。
 

MEMO
セリの根が短い場合は、切り落としてもOK。

 

▼こちらの記事もチェック!

 

PROFILE

ウー・ウェン
中国、北京で生まれ育つ。料理上手な母から受け継いだ料理が評判となり、料理研究家に。「料理を通じて日本と中国の懸け橋になりたい」との想いから、東京と北京でクッキングサロンを主宰。少ない材料や調味料、道具で作れる、医食同源の知恵にあふれた料理が人気。『ウー・ウェンの家庭料理8つの基本』(文藝春秋社)が好評発売中。http://www.cookingsalon.jp

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo : Keiichirou Muraguchi Styling : Misa Nishizaki Composition : Shiori Fujii

This article is a sponsored article by
''.