台湾人のライフスタイルは、バラエティーに富んでいます。歴史的に先住民、オランダ、日本、中国の影響を受けてきた台湾。漢方の考えが根付き、中華っぽい赤や金が街中にちりばめられているのに、日本統治時代に残された日本の古いものや侘び寂びも好む。最近は、台湾先住民の文化も見直されてきました。

台湾で是非買って帰ってもらいたいのは、日本にはない台湾らしいもの。ずっと昔から普通に使われているものから、日本には真似できないような強いこだわりから生まれた新しいものまで、西に東に街歩きをしないと見つかりませんよ。作っている人、売っている人に会えばもっとディープな台湾を味わえます。ひと味違う台湾土産、持ち帰ってみませんか?
 

教えてくれたのは……
青木由香さん
神奈川県生まれ。2003年より台湾に住む。’05年、現地の出版社から出版された『奇怪ねー台湾』がベストセラーに。’11年には日本でも出版。’11年、’12年のFRaU台湾特集では愛情たっぷりに監修を担当し、『最好的台湾』という一冊にまとめられた。その他の著書に『台湾ニーハオノート』『好好台湾』『台湾の「いいもの」を持ち帰る』など。最新情報は「台湾1人觀光局」※「ほぼ日刊イトイ新聞」に支所あり。

 

出会えたらラッキー!
味わい深い台湾産コーヒー

太麻里咖啡(タイマーリーカーフェー)

画像: 800~1000元(時価)

800~1000元(時価)

「ロースター歴8年の梁さんが今年立ち上げたばかりの新しいブランド、ヨウカーフェーモウ。イチ推しは、台東太麻里で作られた台湾産。台湾で唯一太平洋に面した環境で育ったレアもので、なんと海の風味がするコーヒー。梁さんこだわりの北欧スタイルの焙煎で、酸味が甘く変わる後味を楽しんで。稀有な豆なので、電話で有無を要確認」

ヨウカーフェーモウ
台北市大安區信義路三段147巷36弄24號(貳家肆内)
☎0930-3571-179
営業時間:14:00~17:00
定休日:土・日

 

お米の国ならではの
昔ながらの今どきな菓子

咖啡米果(カーフェーミーグォー)

画像: 250元

250元

「日本では地味なお菓子、おこし(米果)。台湾ではアレンジ豊かに、今時なお菓子の位置にいる。台湾産の自然農法の食を扱う土生土長は、米果に台湾らしさを加えている。生姜の花、原住民の胡椒と気になるフレーバーが多いけど、味はコーヒーが一番。台湾でトップクラスのカフェGABEE.とのコラボもの。完全にナウい味」
 

画像: 咖啡米果 (カーフェーミーグォー)

土生土長(トゥーシェントゥーチャン)
台北市中正區金山南路一段81-4號
☎02-2356-4650
営業時間:11:00~20:00
定休日:月

 

一つ食べたら、もう虜!
台湾土産の新星は離島の味

正義花生酥(ヂェンイィホァーシェンスー)

画像: 130元

130元

「パイナップルケーキ以外の台湾土産はないか? 長年かけて探し当てたこの花生酥は、澎湖という離島の特産品。地元澎湖人も、数あるメーカーから『正義が一番!』と太鼓判を押す。ピーナッツバターを固めたようなサクサク感は日本にはない。後を引いて、大量買いする人続出中。日本への飛行機が花生酥の重みで傾くかもしれない」

你好我好(ニーハオウォーハオ)
台北市大同區涼州街45號
☎02-2557-6665
営業時間:10:00~18:00
定休日:水

 

アジアで唯一の噂も!
台湾のシャンペンブランド

知性女人(ヂーシンニューレン)

画像: 3800元

3800元

「台湾の会社が、シャンペンを作っている! これは、シャンパーニュ地方にブランド登記をしているという、お金も労力もかかる一大事。しかも、イギリスの専門誌で賞を取ったもんだから、今年の4月まで在庫切れ。品名は『知性女人』。知的で優雅な女性のイメージで作ったという。4月以降台湾に来る方、この名をお忘れなく」
 

画像: 知性女人 (ヂーシンニューレン)

CELEBRITY'SChampagne-名人品味香檳國際(ミンレンウェイシャンビングォージィ)
台北市大同區涼州街47號1樓
☎02-2557-1085
不定期営業 ※三軒どなりの『大稻埕41』でも販売している

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Direction & Text:Yuka Aoki Photo:Kiyoko Eto(Taipei), Riki Kashiwabara(cut-out)

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.