B級感が楽しい屋台グルメに、ハイエンドなレストラン、トレンドが目まぐるしく移り変わる新旧スイーツ。多種多様な食文化が密集する都市、台北。世界中の食通たちが熱いまなざしを注ぐこの街に、女優・綾瀬はるかさんが降り立った。食いしん坊女優と巡る、二泊三日、台北美味しい旅。

 

温かいのも、冷たいのも
甘いおやつは幸せの味

大姐水煎包

画像: ブラウス¥24000/トロ デニム¥22000/リノ&コー(リノ)

ブラウス¥24000/トロ デニム¥22000/リノ&コー(リノ)

黄色い看板の店構えがなんとも台湾らしいお店。台湾スイーツの王道、湯圓(甘いスープ)は温でも冷でも楽しめるが、冬は断然「温」で。「優しい甘さで、体も温まる」と、綾瀬さんもお気に入り。小豆を甘く煮込んだスープは、日本のぜんざいよりさらりとしていて甘さも控えめ。〈紅豆小湯圓〉50元。白玉をベースに、タロイモやサツマイモなど様々なトッピングも楽しめる。

大姐水煎包
台北市萬華區漢口街二段44號
☎02-2312-2132
営業時間:24時間営業
定休日:なし

 
楊記花生玉米冰

画像: 楊記花生玉米冰

温かいスイーツを堪能したら、冷たいかき氷も楽しみたい。〈花生玉米加圓冰〉はクラッシュタイプの氷に、甘く煮たトウモロコシ、ピーナツ、タロイモ・サツマイモ・湯圓の3種の団子をトッピングしたこの店の看板メニュー。「クチュ、クチュッとした食感が新感覚!」と、綾瀬さんも驚きの組み合わせだけど、台北の人からは古くから親しまれている定番のトッピング。100元。

楊記花生玉米冰
台北市萬華區漢口街二段38號
☎02-2375-2223
営業時間:11:00~22:00
定休日:旧正月の大晦日

 
臺一牛奶大王

画像: ニット¥38000/ブランドニュース(マメ)

ニット¥38000/ブランドニュース(マメ)

台湾大学の目の前にある「臺一牛奶大王」は、学生たちで連日賑わう伝統氷菓子の老舗。スイーツ好きの綾瀬さん、ずらりと並ぶメニューに目移りしながらも、温かい〈花生湯芝麻湯圓〉(ピーナツとゴマのスープ)90元と、苺山盛りのかき氷〈草苺牛奶冰〉160元、2種類のデザートを注文。窓を叩く雨粒の音を聞きながら、しばし雨宿り。

臺一牛奶大王
台北市大安區新生南路三段82號
☎02-2363-4341
営業時間:10:00~24:00
定休日:旧正月

 

PROFILE

画像: 『今夜、ロマンス劇場で』/2018年 2月10日全国ロードショー/配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

『今夜、ロマンス劇場で』/2018年 2月10日全国ロードショー/配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会

綾瀬はるか Haruka Ayase
1985年広島県生まれ。2001年、ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。2004年にドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』でヒロインに抜擢されブレイク。以後、ドラマ、映画と数々の作品に出演。2013年にはNHK大河ドラマ『八重の桜』で主演を演じ年末の第64回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めた。近年では「精霊の守り人」や「奥様は、取り扱い注意」でアクションにも挑戦し演技の幅をますます広げ、日本を代表する最も旬な女優の一人。主演映画『今夜、ロマンス劇場で』が全国公開中。


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Model:Haruka Ayase Photo:Yoko Takahashi Styling:Naoko Shiina Hair&Make-up:Akemi Nakano Text:Chisa Nishinoiri Coordinate:TOP TAIWAN

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.