台湾人のライフスタイルは、バラエティーに富んでいます。歴史的に先住民、オランダ、日本、中国の影響を受けてきた台湾。漢方の考えが根付き、中華っぽい赤や金が街中にちりばめられているのに、日本統治時代に残された日本の古いものや侘び寂びも好む。最近は、台湾先住民の文化も見直されてきました。

台湾で是非買って帰ってもらいたいのは、日本にはない台湾らしいもの。ずっと昔から普通に使われているものから、日本には真似できないような強いこだわりから生まれた新しいものまで、西に東に街歩きをしないと見つかりませんよ。作っている人、売っている人に会えばもっとディープな台湾を味わえます。ひと味違う台湾土産、持ち帰ってみませんか?
 

教えてくれたのは……
青木由香さん
神奈川県生まれ。2003年より台湾に住む。’05年、現地の出版社から出版された『奇怪ねー台湾』がベストセラーに。’11年には日本でも出版。’11年、’12年のFRaU台湾特集では愛情たっぷりに監修を担当し、『最好的台湾』という一冊にまとめられた。その他の著書に『台湾ニーハオノート』『好好台湾』『台湾の「いいもの」を持ち帰る』など。最新情報は「台湾1人觀光局」※「ほぼ日刊イトイ新聞」に支所あり。

 

良すぎるって罪
この味を知ったらもう終わり!

香油(シャンヨウ)

画像1: 350元

350元

「本当にいい油って、こういうことをいうのではないか。小さな工房で、台中のママさんが子供のために安全な油を使いたくて作り始めた少量生産、コールドプレスの一番絞り。注文したら数日前の搾りたてが届く。このごま油の香りを知ったら、もう他のものには戻れない。新鮮だから火にかけちゃ勿体ない! 生で食して欲しい~」

你好我好(ニーハオウォーハオ)
台北市大同區涼州街45號
☎02-2557-6665
営業時間:10:00~18:00
定休日:水

 

覚えましょう!
黒酢の中の黒酢の見分け方

五印醋(ウーインツゥ)

画像: 64元

64元

「台湾は、物の分け方がおかしなときがある。カリフラワーを白いブロッコリーといい、ウスターソースを黒酢という。製造者もウスターを平気で黒酢として売るから、知らぬまま黒酢を買うのはまさにロシアンルーレット。そこで、教えます。材料を見るか、この私のドストライクの黒酢を買えば自爆なし。餃子に麺によく合います」

全聯福利中心(チュエンリェンフーリィヂョンシン)
※台湾全土のスーパーチェーン
http://www.pxmart.com.tw/px/index.px

 

花椒のシビレと唐辛子
人生持って行かれます

溫記大紅袍香麻辣油
(ウェンジイダーホンパオシャンマーラーヨウ)

画像2: 350元

350元

「1瓶250ccものラー油。一生かけて使い切る量だと覚悟して買ったが、夜中に小人がイタズラしてるのかと疑うほど早く減る。瓶の底に沈む粗い唐辛子と花椒を出そうとして、量がかさむのだ。犯人は私だった。花椒(ホァージャオ)は、麻婆豆腐のシビレの元。豆豉(ドウチ)と炒めて本格的麻婆になる。ピザにもかけるので、気づけば年に人生3回分使ってた」

神農市場(シェンノンシーチャン)
台北市玉門街1號
☎02-2597-7126
営業時間:11:00~21:30、土・日10:30~
定休日:なし

 

▼前回の記事はコチラ!


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Direction & Text:Yuka Aoki Photo:Kiyoko Eto(Taipei), Riki Kashiwabara(cut-out)

This article is a sponsored article by
''.