服のテイストを変えてみる。不思議と服のテイストに気持ちが寄り添う。たとえば、ボーイッシュなパンツスタイルなら歩幅が広がり、活動範囲も広がる。フェミニンなシャツに身を包めば、物腰も所作もどこかしなやかになる。あなたが気の赴くままに選んだ服は、あなたの個性や人柄を如実に表していて、他人は “あなたらしさ” をそこから読み取るが、それは肌にも言えること。

普段、何気なく手にするコスメとケアの積み重ねが、未来の肌をつくる。だからなりたいイメージから逆算してベースメイクを施せば、雰囲気はもちろん、行動まで変わってくる。そして、“あなたらしさ” も変わっていく。つまり、肌って生きかたを表すものであり、人生までも変えられるもの。だからこそ、もっとポジティブに肌を選んで、肌を着替えて。これからもっと楽しくなる、フラウ世代の未来がより豊かになるように。

 

いつまでも失わないストリート感
何にもとらわれず、自由に生きる

肌の声に正直に、シンプルに心地よく

スキンケアに関しては正直ズボラ。でも年齢を重ねるにつれ、精油の香りや肌が喜ぶテクスチャーに包まれての “落とす” “潤す” お手入れが楽しくなってきた。エイジングケアはまだピンときてないけれど、紫外線対策はしっかり。
 

画像: 肌の声に正直に、シンプルに心地よく

1. 8種の天然精油の香りが濃密な、マインドフル発想のUVケア。デ・マミエール ハイドレイティングネクター SPF30・PA++ 50㎖ ¥15000/キャンドルウィック(2/14発売)

2. 無数のジェルカプセルの中にドゥ・ラ・メールを象徴する海藻由来の保湿成分が豊富に。ひんやりとした質感。ザ・モイスチャライジング クール ジェル クリーム 60㎖ ¥36000/ドゥ・ラ・メール(3/2発売)

3. ふんわり泡でクリーンな肌へ。THREE クリアリングフォーム 100g ¥3800/THREE(2/21発売)

4. ほの甘くスパイシーに香り、トラブル因子まですっきりとオフ。同 クレンジングオイル 185㎖ ¥4500/THREE(2/21発売)

 

そばかすが透けて見えるほど自然体
内側から発光しているかのような
ツヤを纏ったモード肌

画像: コート¥43000/スタニングルアー 青山店(STUNNING LURE) 中に着たトップス¥11000/ビームス ハウス 丸の内(ATON) パンツ¥27000/ビームス ウィメン 渋谷(Name.) ピアス/スタイリスト私物

コート¥43000/スタニングルアー 青山店(STUNNING LURE) 中に着たトップス¥11000/ビームス ハウス 丸の内(ATON) パンツ¥27000/ビームス ウィメン 渋谷(Name.) ピアス/スタイリスト私物

飾りすぎることなく素の自分を大切にしている女性。それでいてすべてをさらけ出しているワケではなく、大人の魅力も放っている。そんな彼女の肌は、そばかすを隠さずアイデンティティとして生かしながらも、決して手を抜いている印象は与えない。軽やかに纏った上質なツヤで、ミニマムながらも肌を作り込んだ形跡をうかがわせる。ナチュラルでいてかっこよく、きちんとリュクス。モードなマットブラウンのリップがピタリとハマる。


ベースで透明感を高め
ファンデでツヤ添え

画像: ベースで透明感を高め ファンデでツヤ添え

1. 圧迫感のないつけ心地と持久力に優れた潤いで、驚くほど快感。微細なパールによるなめらかな光がアラをカモフラし、内から溢れるようなツヤを湛えた澄んだ肌に。リアダプトグロウ プライマー ¥3800/セルヴォーク(2/16発売)

2. 肌の上でスプラッシュ! スルスルのびて瞬時に肌に溶け込み、デューイなツヤで満たす。ラディアント タッチ オールインワン グロウファンデーション SPF23・PA+++全5色 30㎖ ¥6300/イヴ・サンローラン・ボーテ(3/2発売)


How to

のベースを手のひらに広げ、乳液を塗るような感覚で顔全体に。これにより透明感がアップし、肌のトーンがほどよく整う。そのうえでのツヤファンデを少量オン。頰の広い部分にのせたら、と同様、乳液を広げるような感覚でのばし、手のひらの温度でなじませて肌と一体化。仕上げにお粉は使わず、パウダーレスにすることで、ファンデのみずみずしいツヤが生き、軽やかで抜け感のあるリラックス肌が完成。


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Yuji Watanabe(Perle Management/Model), Kenichi Yoshida(Still), Yasuhiro Ito(Still) Make-up:Mariko Tagayash(i SIGNO) Hair:Takayuki Shibat(a SIGNO) Stylist:Kumiko Sannomaru(KiKi inc.) Model:Miyuki Emond Text:Hiromi Narasaki Composition:Sachico Maeno

 

▼こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.