一番寒い時期も終わりが見え、そろそろ動き出したい季節。今年トライしたら楽しいこと、流行りの波が来ていることを旅、食、美容、インテリアetc. さまざまな角度から徹底リサーチ! 遠い、会員だけ、予約制、一点モノなどなど、今年はより限られたシチュエーションで、限られた人たちだけが楽しむモノ、コトがブームになっていきそう。この中からあなただけの楽しみが見つかりますように!

 

ハワイで一番の大自然
オアフから日帰りがブーム!
カウアイ島

オアフ島から飛行機に乗って北西へ約40分。そこに広がるのはハワイ諸島の中で最も壮大な大自然のあるカウアイ島だ。レンタカーで行けるところだけ回るのも楽しいけれど、もっと絶景を見たいならヘリコプターやセスナのツアーもおすすめ。日帰りで満喫しちゃいましょう!

HOW TO GO
カウアイ島の空の玄関口、リフエ空港まではオアフ島から飛行機で約40分。ハワイアン航空やアイランドエアーが就航。1時間に1~2本のフライトがあるため、気軽に行くことができる。朝イチの飛行機に乗って、現地ではレンタカーを借り、島を探索。さぁ充実した一日を!

 

ヘリコプターから見下ろせば
ハワイらしい山の景色が広がる

ナパリ コースト

画像: ナパリ コースト

映画『ジュラシック・パーク』の撮影地にもなった雄大な山が広がるナパリコースト。「神々の造形」とも言われるほど絶景美の秘境の海岸は陸路ではトレッキングでしか最後までは行けないので、ヘリコプターやセスナでのツアーで行くのがベスト。

 

ハワイのグランドキャニオン!

ワイメアキャニオン

画像: ワイメアキャニオン

カウアイ島でまず行くべきところと言えばここ。もちろん展望台からの眺めも壮大で素敵だが、道のりの途中に広がる赤土の山々もおすすめ。好きなところで車を止めて景色を堪能して。

 

まずは近場の滝を眺めて

ワイルアフォールズ

画像: ワイルアフォールズ

空港からほど近い場所にある滝。マイナスイオンもたっぷりな滝を間近から見下ろすのがおすすめ。24mあるという滝の長さは、実際にはもっとありそうに見える。車で簡単にアクセスできるのもうれしい。

 

ナパリ コーストの中でも
一番大きな渓谷

カララウルックアウト

画像: カララウルックアウト

長い年月を経て雨風に浸食され、鋭くなった山ひだが折り重なったカララウ渓谷を見下ろすことができる展望台。その絶景ぶりは感動モノで、リピーターも多い。霧が出やすいので晴れていたらラッキー。

 

車で行ける北の終点ビーチ

ケエビーチ

画像: ケエビーチ

広大なサンゴ礁によりラグーンになっている、島の中でも数少ない遊泳ができるビーチ。ファミリーや海初心者に人気。ウミガメが集まる場所でもあり、シュノーケリングする人も多い。

 

▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Akira Kumagai Edit&Text:Mayuko Kobayashi

This article is a sponsored article by
''.