確かな肌理論と知識に基づくケア提案に定評あるお手入れマイスター、山本未奈子さん。毎月1人のアラサー ファッショニスタと向き合い、肌を診てアドバイスをしてきた経験をベースに今、あらためてフラウの読者に向けて伝えておきたい、肌のこと、お手入れのこと、これからのこと。

 

MINAKO’s SKINCARE BAR FINAL

画像: MINAKO’s SKINCARE BAR FINAL

Skincare Bar Master
山本未奈子 Minako Yamamoto
美容家。MNC New York Inc.代表取締役。NY州認定ビューティセラピスト。英国ITEC認定国際ビューティスペシャリスト。1月には新たに「グローバル ビューティー カレッジ」を開校! Instagram:@minako_yamamoto

 

MINAKO先生のアドバイス

服だけではなくコスメにもお金をかけて
自分の “肌の投資家” に

ちょうどフラウ世代の30代は、大人の女性へと変わっていく過渡期。ホルモンバランスが変わり、肌の水分量や皮脂の分泌量が下がり、エイジングサインも現れ始めます。ライフスタイルの変化も大きく、忙しさやストレスが肌に響き始める時期。肌にとっての重要なターニングポイントを迎えていて、今、どうケアをするかで、未来の肌が大きく変わってきます。

にもかかわらず、エイジングの実感がイマイチなく、“私はまだ大丈夫” と思い込んでいる人が多かったけど、それは間違い。誰かのオススメではなく、自分の気分やカラダにマッチする服にこだわり探すように、自分の肌に合うコスメに投資をすべき時期が来ているんです!

 
大人の肌へと変わる過渡期の今
始めるべきは “予防美容”

まずは、エイジング予防の美容液と、不足する油分を補う乳液やクリームを。さらに悩みがあれば、それに応えてくれるアイテムをプラスして。最新技術を搭載したハイスペック系なら、確かな効果を導き出してくれます。

 
肌は “生活の成績表”
食事、睡眠も整ってこそのスキンケア

そして、忘れてはならないのがスキンケアはあくまでもサポートということ。バランスのよい食事や睡眠をきちんととり、ストレスを解消する内面ケアができてこそ肌は健やかに育つし、その肌をメンテナンスするのがスキンケア。

そう、ライフスタイルやインナーケアの充実も、とても大切な要素なんです。もちろん、これらのことはいつから始めても遅くはないけど、エイジングが進行したあとでは巻き戻しに時間がかかってしまうから、やっぱり早ければ早い方がベターだし、“今からすぐ” がベスト。未来の自分への投資だと考えて、肌に手をかけて慈しんであげてくださいね。

 

MINAKO'S SELECT

FOR BASIC

画像: FOR BASIC

1.肌を土台から強くする美容液
「生理前や多忙な時も揺らがずに過ごせるよう、ルーティンに取り入れてほしい美容液。多方面に働きかけ老化の予防も」
ジェニフィック アドバンスト 30ml ¥10000/ランコム

2.デイリーの油分補給にイチオシ
「乳液やクリームは苦手という人も心地よく使えるなめらかな質感。ベーシックケアとして」
ザ・モイスチャライジング ソフト ローション 50ml ¥30000/ドゥ・ラ・メール

 
 
AND MORE

画像: AND MORE

1.くすみを晴らし、透明感が漲る
「くすみ悩みにオススメなのがこれ。キメが整って肌が明るくなり、メイクのりもアップ。私自身もリピート予定」
B.A セラム プリズルミナ〈医薬部外品〉40ml ¥20000/ポーラ

2.30代に嬉しい絶妙な乾燥肌ケア
「きちんとケアしていても乾くときは、乳液状のオイルをお手入れの最後に追加。濃密に潤うのに重さがなく、ハリも高まる!」
LE L クレーム-ユイル 50ml ¥16000/シャネル

3.不安定な肌のレスキューに
「1カプセル使い切りで量が明確。驚くほどたっぷりで、調子がイマイチな肌に使うとひと晩で肌が安定」
オーバーナイト ミラクル マスク 4g ×6個 ¥9900(編集部調べ)/SK-Ⅱ


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Reiko Tohyama(Minako) , Yasuhiro Ito(Still) Hair&Make-up:Kousuke Hori Composition:Hiromi Narasaki

 

▼前回の記事はコチラ!

This article is a sponsored article by
''.