台湾人のライフスタイルは、バラエティーに富んでいます。歴史的に先住民、オランダ、日本、中国の影響を受けてきた台湾。漢方の考えが根付き、中華っぽい赤や金が街中にちりばめられているのに、日本統治時代に残された日本の古いものや侘び寂びも好む。最近は、台湾先住民の文化も見直されてきました。

台湾で是非買って帰ってもらいたいのは、日本にはない台湾らしいもの。ずっと昔から普通に使われているものから、日本には真似できないような強いこだわりから生まれた新しいものまで、西に東に街歩きをしないと見つかりませんよ。作っている人、売っている人に会えばもっとディープな台湾を味わえます。ひと味違う台湾土産、持ち帰ってみませんか?
 

教えてくれたのは……
青木由香さん
神奈川県生まれ。2003年より台湾に住む。’05年、現地の出版社から出版された『奇怪ねー台湾』がベストセラーに。’11年には日本でも出版。’11年、’12年のFRaU台湾特集では愛情たっぷりに監修を担当し、『最好的台湾』という一冊にまとめられた。その他の著書に『台湾ニーハオノート』『好好台湾』『台湾の「いいもの」を持ち帰る』など。最新情報は「台湾1人觀光局」※「ほぼ日刊イトイ新聞」に支所あり。

 

ありそうでない、素敵で
履きやすいチャイナシューズ

好好穿繍花鞋(ハオハオチュァンショウホァシエ)

画像: 1280元

1280元

「いいチャイナシューズが見つからないと、すっかり諦めていた私。ある日、台湾で人気のセレクトショップ、富錦樹355でオリジナルを作ったという情報が入ってきた。古い子供用チャイナシューズを大人用に復刻したもので、履き心地も改良済み。疲れ知らずのチャイナシューズって無かったかも! 色は赤もある。迷いますね」
 

画像: 好好穿繍花鞋 (ハオハオチュァンショウホァシエ)

富錦樹355(フージンシュー335)
台北市松山區富錦街355號
☎02-2765-2705
営業時間:12:00~20:30、土・日11:30~
定休日:なし

 

日本ではレアもの!
ミラクルプランツ・月桃のかご

月桃籃子(ユエタオランヅ)

画像: 3280元

3280元

「月桃は、大きな葉を持つショウガ科の植物。台湾先住民は、防菌効果のある生葉でご飯を包んだりと、昔からよく使っている。軽くて強い月桃のかご。昔は沖縄で作られていたが、手間がかかるため、今はほぼ見かけなくなった。貳家肆では、使いやすく美しくデザインアレンジをし、先住民のおばあちゃんに編んでもらっている」

貳家肆(アージャースゥ)
台北市大安區信義路三段147巷36弄24號
☎02-2701-1069
営業時間:14:00~17:00
定休日:土・日

 

美人度アップは、
おばあちゃん御用達の運動靴で

美人靴(メイレンシエ)

画像: 140元

140元

「日本で有名アパレルの店長を務める友人が、台湾に来たときに履き出したのがきっかけ。お婆ちゃんが公園で運動をする時に履く靴で、私は、その安っぽい見た目から敬遠していたもの。友人が毎回買い足すので、私も試着したら脱げなくなりました。軽くて楽チン、洋服にも合わせやすい。ネーミング通り、美人にもなれるはず」

合成有限公司(ハーチェンヨウシェンゴンスー)
台北市大同區太原路39號-1
☎02-2558-3976
営業時間:9:00~
定休日:日

 

▼前回の記事はコチラ!


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Direction & Text:Yuka Aoki Photo:Kiyoko Eto(Taipei), Riki Kashiwabara(cut-out)

This article is a sponsored article by
''.