一番寒い時期も終わりが見え、そろそろ動き出したい季節。今年トライしたら楽しいこと、流行りの波が来ていることを旅、食、美容、インテリアetc. さまざまな角度から徹底リサーチ! 遠い、会員だけ、予約制、一点モノなどなど、今年はより限られたシチュエーションで、限られた人たちだけが楽しむモノ、コトがブームになっていきそう。この中からあなただけの楽しみが見つかりますように!

 

コスメはカスタムメイドで
もっと欲張りに効かせる

誰かに “いい” じゃなく
私に “いい” かどうか

星の数ほどあるコスメ。でも、いざとなると自分の “なりたい” を同時多発的に叶えてくれたり、誰ともかぶらず気分にドンピシャな色を見つけたりするのは、意外と困難。そんな中で今注目なのは、混ぜて&組み合わせて自分仕様にするカスタムメイドのコスメ。

スキンケアにおいては、主軸のクリームに自分の弱点を補強するセラムをミックスし、肌力をより効率的に上げるものが登場。メイクでは、カラーベースとグロストレンドだが、これらもコントゥアリング&レイヤーという形でカスタムメイドされる予感。

みんなが言う “いい” なんかじゃ物足りない。より自分らしく、ピンポイントで願いを叶える。欲張りな気持ちに応えるアイテムたちだ。

 

お悩み別カスタム
未来の肌を予測して
自分に迫る老化をSTOP

画像1: お悩み別カスタム 未来の肌を予測して 自分に迫る老化をSTOP

エイジングの兆候は人それぞれ。シミだったり、たるみだったり、時には両方同時にやってきたり。今話題のディオール カプチュール ユースは、そんなサインが現れ始める前に行う「予測型」のケア。

抗酸化力に優れたクリームに、悩み別のセラムを混ぜて使用する。1つだけでなく複数でもOK。自分だけの “スペシャルカクテル” で、先手必勝のエイジングケアを。
 

画像2: お悩み別カスタム 未来の肌を予測して 自分に迫る老化をSTOP

1. くすみ知らずの元気肌へ。カプチュール ユース グロウ ブースター

2. 赤みが出やすい敏感肌向き。同 レッドネス ミニマイザー

3. ヒアルロン酸配合。同 プランプ フィラー

4. 毛穴やテカリが気になる肌に。同 マット マキシマイザー

5. 引き締まった肌へと導く。同 L スカルプター 各30㎖ 各¥11500

6. 肌本来の抗酸化力をサポート。同 クリーム 50㎖¥11500/すべてパルファン クリスチャン ディオール

 

目的別カスタム
自然派ブライトニングも
目的別MIX で確かな手応え

ヨンカから今季誕生する自然由来成分91%の新ブライトニングクリームは、目的別の美容液を調合して使用することを推奨。ともに相乗作用が発揮され、より高次元の効果を得られるのだとか。それぞれに合った柔軟なケアを目指した結果誕生した美白。治療を原点としたブランドならではの発想。
 

画像: 目的別カスタム 自然派ブライトニングも 目的別MIX で確かな手応え

1. 時間安定型ビタミンCが「できてしまったメラニン」と「これからできるメラニン」双方にアプローチ。ヨンカ エッセンシャル ホワイト クレーム リュミエール 50㎖¥1100(2月21日発売)

2. 保湿効果のさらなる向上を目指して。ヨンカ コンサントレ イドラ+

3. たるみや毛穴の開きに。同 ガルボル+

4. 疲れた肌に栄養をチャージ。同 ニュートリ+ 各15㎖ 各¥7600

5. 肌のバリア機能が低下ぎみと感じたら。同 ディフェンス+/すべてヴィセラジャパン

 

肌色別カスタム
メイク下地もコントゥア感覚で使う

今春はカラー下地が続々登場。おなじみのアイテムではあるが、使い方にちょっとした異変が。くすみを飛ばしたい目周りにはパープル、赤みが気になる部分にはグリーン、さらに血色感をプラスしたい頰にはコーラル、とカラー下地でコントゥアリングするという考え方。カラー下地のカスタマイズで肌の弱点をファンデーション前に克服。
 

画像: 肌色別カスタム メイク下地もコントゥア感覚で使う

1. コーラルのニュアンスでヘルシーな表情に。 ベーシック コントロールカラー N 04 SPF13PA+

2. 気になる赤みやにきび跡をカバー。同 03 SPF15PA+

3. くすみを飛ばして透明感をアップ。同 02 SPF13 PA+

4. 肌に濡れたような光沢感を演出するシルバー。同 01 SPF10 PA+ 各30g 各¥3500/すべてRMKDivision

 

レイヤーカスタム
変化球カラーのグロスを
重ねて自分色に染める

画像1: レイヤーカスタム 変化球カラーのグロスを 重ねて自分色に染める

マットリップやリキッドルージュの台頭で影を潜めていたグロス。でも今年の春はいつものリップにニュアンスをプラスするクリアなグロスを使ったカスタムに注目。

トレンドはブルーやブラックなどの変化球カラーや、pHで色変化するタイプ。唇の中央にレイヤーすることで、自分だけの奥行きのあるカラーを実現しよう。
 

画像2: レイヤーカスタム 変化球カラーのグロスを 重ねて自分色に染める

1. みずみずしいブルーのヴェールで、ディープな発色に変化。ルージュ ココ グロス 792 ¥3600/シャネル

2. 上品な発色の新ルージュ。スティック ルージュ 05 ¥4000/レ・メルヴェイユーズ・ラデュレ
 

画像: pHで色変化するグロスが3色展開で定番化。

pHで色変化するグロスが3色展開で定番化。

1. 大胆なパール感がオン。グロス・アンテルディ 16

2. ベースカラーに深みがプラス。同 03

3. フューシャピンクに色づく。同 01 各¥3700/すべてパルファム ジバンシイ

 

▼前回の記事はコチラ!


●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Yuzo Touge Hair & Make-up:Yosuke Iwai Model:Yuri Ishizaka Composition:Sachico Maeno

This article is a sponsored article by
''.