台湾人のライフスタイルは、バラエティーに富んでいます。歴史的に先住民、オランダ、日本、中国の影響を受けてきた台湾。漢方の考えが根付き、中華っぽい赤や金が街中にちりばめられているのに、日本統治時代に残された日本の古いものや侘び寂びも好む。最近は、台湾先住民の文化も見直されてきました。

台湾で是非買って帰ってもらいたいのは、日本にはない台湾らしいもの。ずっと昔から普通に使われているものから、日本には真似できないような強いこだわりから生まれた新しいものまで、西に東に街歩きをしないと見つかりませんよ。作っている人、売っている人に会えばもっとディープな台湾を味わえます。ひと味違う台湾土産、持ち帰ってみませんか?
 

教えてくれたのは……
青木由香さん
神奈川県生まれ。2003年より台湾に住む。’05年、現地の出版社から出版された『奇怪ねー台湾』がベストセラーに。’11年には日本でも出版。’11年、’12年のFRaU台湾特集では愛情たっぷりに監修を担当し、『最好的台湾』という一冊にまとめられた。その他の著書に『台湾ニーハオノート』『好好台湾』『台湾の「いいもの」を持ち帰る』など。最新情報は「台湾1人觀光局」※「ほぼ日刊イトイ新聞」に支所あり。

 

やるな台湾!
敷居の高かった活版印刷に革命!

隨身活版印刷機
(イィヂャンミンペェン:スエシェンホォーバンインシュワージィ)

画像: 3680元

3680元

「大工道具のカンナ? いえいえ、これは人気の活版印刷が自分で刷れるポータブル名刺印刷機。インクをつけて紙をセット、蓋をスライドさせると名刺がヌルッ。台湾檜含む3種の枠に10種の名刺レイアウトがある。近所にある日星鋳字行で日本語の活字も買えるので日本名もスルッ。日・台でデザインの賞を受賞した本物です!」
 

一間印刷行(イィジェンインシュワーハン)
台北市重慶北路二段97巷16號
☎02-2559-2334
営業時間:11:30~20:00
定休日:月・火

 

文房具好きな人が作った
好きな人のための文房具

復刻黃銅迴紋針(フゥカァホァンホエウェンヂェン)
透視長尾夾(フゥカァホァンホエウェンヂェン)
九吋長刃剪刀(ジョウツンチャンダオジェンダオ)

画像: 左から・九吋長刃剪刀580元、復刻黃銅迴紋針150元、透視長尾夾260元

左から・九吋長刃剪刀580元、復刻黃銅迴紋針150元、透視長尾夾260元

「台湾文房具ブームの火付け役となった、禮拝文房具のオーナー夫婦が作ったオリジナルの文房具。箱入りクリップは、100年前の復刻版。珍しい形が6種もあって、金色の変色が楽しめる。袋型のパッケージの方もクリップで、厚いもの用。51㎜サイズまである。ハサミは金と黒に形もいくつかあって、悩みます!」
 

禮拝文房 台北樂利店(リーバイウェンファンジュウ タイベイラァリィデェン)
台北市永康街10-1號
☎02-2739-1080
営業時間:12:00~21:00、日~19:00
定休日:月

 

ザ・台湾な「バケツ」や「ザル」を
愛でる写真集

普通 美(プートォン メイ)

画像: 530元

530元

「台湾のどの家庭にもあるような普通の雑貨を、イラストレーターとカメラマンのカップルが美しく撮った写真集。被写体となったシンプルで形のいい雑貨は、実は10元ショップや金物屋で見つけた安物ばかり。昔、日本にもあった懐かしいものもチラホラ。アートのように鑑賞してしまうけど、それは『バケツ』や『ザル』なのです」
 

你好我好(ニーハオウォーハオ)
台北市大同區涼州街45號
☎02-2557-6665
営業時間:10:00~18:00
定休日:水

 

日焼けが絵の具?
見せびらかしたいオリジナルノート

經典 日晒筆記本組(ジンデェン リーシャイビージーベンズー)

画像: 390元

390元

「日晒筆記本組は、日焼けでオリジナルの表紙が作れるノートキッド。カバーの透明アクリルに黒マジックで絵を描いて陽に晒すと、マジックの部分は遮光され白く残る。夏なら2~3日で茶紙に白い塗料で描いたようにくっきりとしたコントラストが! 絵の具や印刷と質感が違うから、『それ何?』と話題になること間違いなし」
 

品墨良行(ピンモウリャンハン)
台北市大安區永康街63號
☎02-2358-4670
営業時間:10:00~19:00
定休日:月

 

▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Direction & Text:Yuka Aoki Photo:Kiyoko Eto(Taipei), Riki Kashiwabara(cut-out)

This article is a sponsored article by
''.