長く愛される名店の新しい楽しみ方から、最新スポットまで、トピック切りでご紹介。食に精通する料理家や取材チームが実際に食べておいしかった店を始め、台北「食う、買う、遊ぶ」の最旬情報を厳選。

台湾は空前の菜食ブーム。いわゆる “意識高い系” の人たちだけではなく、国民全体に「1ヵ月に1日でも良いので野菜だけを食べる日を!」と政府が推進していて、ベジタリアン向けのお店が続々出店中。

 

「健康・美味・永遠」が
テーマの菜食カフェ

Plants

画像: リラックスできる広くて明るい作り。

リラックスできる広くて明るい作り。

動物性の食材、グルテンは一切使用せず、全て有機栽培の野菜や米類で作られたメニューが揃う大安區にある内装もおしゃれなカフェレストラン。
 

画像: 「抗氧化美莓」(アサイーブルーベリードリンク)220元。肉なしで作ったビビンパ「醬燒天貝韓式拌飯」(マクロビのビビンパ)360元。キヌア、季節のフルーツ、キュウリ、パイナップルヴィネグレットのサラダ「藜麥沙拉」(キヌアサラダ ※季節限定メニュー)290元。

「抗氧化美莓」(アサイーブルーベリードリンク)220元。肉なしで作ったビビンパ「醬燒天貝韓式拌飯」(マクロビのビビンパ)360元。キヌア、季節のフルーツ、キュウリ、パイナップルヴィネグレットのサラダ「藜麥沙拉」(キヌアサラダ ※季節限定メニュー)290元。

栄養度の高い野菜、スーパーフードなら罪悪感なく食べられる。インスタ映えする色とりどりの野菜料理やアサイードリンクでヘルシーな食事をとる日も作ろう。油っぽいものが続いて疲れた胃にも持ってこい!
 

画像: お店のこだわりセレクトはメイドイン台湾の調味料。

お店のこだわりセレクトはメイドイン台湾の調味料。

店内で販売している台湾産の調味料類もお土産におすすめ。
 

画像: 台北の閑静な住宅街にあるおしゃれカフェ。レインボーのタペストリーが目印。

台北の閑静な住宅街にあるおしゃれカフェ。レインボーのタペストリーが目印。

Plants
台北市大安區復興南路一段253巷10號
☎02-2784-5677
営業時間:11:30~21:30、土・日10:00~
定休日:月

 

好きな野菜を選べる
台湾式おでんを堪能

VEGE CREEK蔬河シューフー

画像: 麵1、具材セット1、単品野菜2点をセレクト。150元

麵1、具材セット1、単品野菜2点をセレクト。150元

野菜や麵など色々な食材を茹でてタレをかける「滷味」(ルーウェイ)の専門店。滷味は日本のおでんのようなもので、台湾では一年中食べられている人気のソウルフード。
 

壁に陳列された葉菜やパッケージされた野菜など、好きな具材を選んでレジに持っていけば茹でてくれる仕組み。
 

タレは10種の漢方入りで美味しく健康的。動物性食材を使用していないベジタリアン向け滷味、これまた絶品!
 

画像: VEGE CREEK蔬河シューフー

レジ横にあるオリジナルの調味料でアレンジもお忘れなく。おすすめはジンジャーオイル。えのきと生姜のMIXオイルでこれをかければさらに美味しさUP。
 

画像: 開店前から行列のできる人気店。ランチタイムは近隣で働く人たちでごった返す。

開店前から行列のできる人気店。ランチタイムは近隣で働く人たちでごった返す。

VEGE CREEK 蔬河(シューフー)
台北市大安區延吉街129巷2號
☎02-2778-1967
営業時間:12:00~14:00、17:00~21:00
定休日:旧正月

 

▼前回の記事はコチラ!

 
●情報は、FRaU2018年3月号発売時点のものです。
Photo:Koichi Tanoue  Text:Chisa Nishinoiri Composition:Yumiko Ito

This article is a sponsored article by
''.